お盆は夏休みを「とる予定」が4割

お盆に夏休みを「とらない予定+わからない」は7割と、お盆に夏休みをとる予定が明確にある人の方が少ない。

Q1.今年のお盆は夏休みをとる予定ですか?(n=1936)

夏休みは「自宅でゆっくり過ごす」

夏休みは「自宅でゆっくる過ごす」がもっとも多く約6割。次いで多いのは「国内旅行」「帰省」。

夏休みは何をする予定ですか(n=1029)

今年の夏に楽しもうと思っているイベントは「特にまだ決まっていない」が5割

今年の夏に楽しもうと思っているイベントは「特にない」がもっとも多く5割。イベントでは「花火・盆踊り・夏祭り」、「旅行・避暑」の順に多い。

今年の夏に楽しもうと思っているイベントはありますか (n=1936)

外出時に行っている暑さ対策は「水分補給」

外出時に行っている暑さ対策は「水分補給」で6割。この他「帽子」「日陰を歩く」「日傘」が多かった。

外出時に行っている暑さ対策があれば教えてください。(n=1936)

外出時のオススメ、効果のあった暑さ対策を具体的に教えてください

首にタオル(冷却効果のあるものではなくふつうのもの)を巻くのは、汗が首のところで止まり、シャツのほうまでいかないことから、外出時の暑さ対策としては効果的に感じている。(40代男性)

板張りの床の上にゴザを敷いて、本を読み、縫い物をし、お昼寝をする。扇風機を遠くから波立たせてかけ、涼風を受ける。足元がひんやりとして気持ちが良い。(70代女性)

昨今話題の吸汗速乾素材は本当に効果が高いです。べとつかない上に汗が蒸発する際に熱を奪うのでたとえ風が吹いていなくてもひんやり涼しいです。ただ主にインナーとして使われるこの素材は、上に何かを着ていると湿気の蒸発がとても悪くなるので、なるべく上に服を着ないとか、アウターとの間に十分な空気の通りを確保するとか注意が必要です。(40代男性)

UVカットのパーカーを着る。今まではコットンのシャツを着ていたが、汗で肌に付くのが嫌だったので、パーカーにしてみた。意外にさらっとして暑くない。(50代女性)

ペットボトルに水を半分入れて凍らして水を足して入れて常に氷水を飲めるように持ち歩く(60代女性)

冷感インナーを着用したりや服に「冷感スプレー」を掛けまくります。首に保冷剤をまいたタオルをかけて冷やします。お弁当は、「そうめんや冷やしうどん」なども冷たい食べ物にして、具にきゅうりやみょうがやわかめ、スイカなどを載せたものを作って、体からも冷えるようにしています。(40代女性)

夏の暑い中エアコンなしでも少しでも頑張ろうと努力しています。まず外出時には綿の服をきた汗をすいとる服をきて、帰ってきたらプールぐらいの温度を湯をはって行水します。その後男性用の頭が涼しくなるミント系のリンスインシャンプーを使って頭をすっきり、ボディシャンプーもミント系、行水から終わったら、部屋着に着替えて、ウーロン茶で水分補強。夜のお風呂は昼間シャワーで身体洗っているから、お気に入りの濡れてもいい雑誌を持って行って温度を低くして半身浴です。本格的な夏がきたらきついけど、7月中旬までならこれで持ちます。(40代女性)

内側に紫外線をカットする素材が加工されている日傘を利用すると、外側の加工に比べて涼しく日除けしてくれているように思います。また、暑いからといって冷たい飲み物を飲むのではなく、あったかいものを飲むようにすると一気に身体が冷える為に汗が出るということもないので、全体としての汗が出る量も抑えられる気がします。(20代女性)

「日本てぬぐい(←「かまわぬ」のような)」で保冷剤をくるんで、それが首の後ろにあたるようにして巻きます。タオルだと、いくら薄地でもゴワついたりするし、これが日本手ぬぐいだと汗も拭きやすいし、扱いやすいので。あとは、顔に霧吹きの水をかけて、気化熱で冷やす(^0^;)(40代女性)

ケーキや酸でもらった小さい保冷剤を凍らせておき、外出時にハンカチに包んでジッパー月の袋に入れて持参。暑いとき拭くと冷たくて気持ち良い。(50代女性)

半袖の方が涼しいと前は思っていましたが、今の夏の日差しは半端じゃないので、通気性のある長袖を羽織るのを暑さ対策としています。(50代女性)

自宅でのオススメ、効果のあった暑さ対策を具体的に教えてください

お風呂の入り方です。最初に普通の温度のお風呂(シャワー)を使います。その後に、半分くらいのぬるめのお湯(ぬるま湯)のシャワーを浴びます。そして、体が慣れた時に、冷水のシャワーを浴びます。汗も飛んで、さっぱりとします。冷水は、血管が太い首筋と太ももに浴びせると効果的です。これで体を冷やすことが出来るので、真夏の暑い時期でも効果的です。いきなり冷水を浴びると体が対応できなかったり、体調を崩すかもしれませんが、この方法なら心臓発作なども注意しながら安全に出来ます。(40代男性)

熱いラーメンなどを食べた後の清々しさは最高。汗を沢山出し水分補給に万全を期す。これが暑さ対策でしょうか。エアコンは出来るだけ避け体を冷やさないことも大事でしょうね。(40代男性)

ベッドマットと枕に敷くひんやりシート。横になると本当にひんやりする。同じところにしばらく横になっているとひんやり感がなくなってくるけど、身体をずらせばひんやりする。(60代女性)

UVカットのパーカーを着る。今まではコットンのシャツを着ていたが、汗で肌に付くのが嫌だったので、パーカーにしてみた。意外にさらっとして暑くない。(50代女性)

 

去年、扇風機を買いました。自宅で使うのは子供の頃以来、数十年ぶりですが、その効果に驚いています。風通しの悪い部屋に風を引き込めるし、クーラーと併用すると冷房効果がぐっと上がるようで、クーラーの設定温度を例年より上げても快適です。(40代女性)

打ち水は、昼間に子供が遊んだ「家プール」の水を使います。夜エアコンを使っても、電源を切ったら暑いんです。打ち水はもともと捨てるものを利用してるのでお金がかかりませんし、意外と涼しい風が来るんです。不思議ですね。(40代女性)

今年は、出窓の外に朝顔二種、リビングの掃き出し窓の外にアプチロン二種をグリーンカーテン代わりに育てている。犬走りのコンクリートと庭からのむっとした熱気が遮断されて、今のところ心地よい風が入ってくる。(50代女性)

冷感ジェルパッドは暑がりの夫が睡眠時に使用。夫と同じ部屋で寝る時に部屋が冷房で冷え過ぎないので重宝しています。エアコン代も節約出来て一石二鳥ですね。(40代女性)

家の中てで温度を測ってみると時間によっていろいろ変化していて、涼しい場所があったりします。なるべくそういう場所にいるようにすれば少しは涼しいです。(60代女性)

自宅でのオススメ、効果のあった暑さ対策を具体的に教えてください

庭の梅で甘さかなり控えめの梅サワーを作っています。飲み物よりも甘酢として野菜にあえて使います。その他にも完熟梅ソースを作る過程で濾して外した梅の皮をやはり甘さかなり控えめで煮ておいて、刻んだ野菜と和えて食べます。味付けに悩まなくて済むから楽です。(50代女性)

緑豆です。小豆のように乾燥させてある豆を十分な水で炊き上げて、冷めたら冷蔵庫で冷やします。たっぷりの砂糖で甘くしておやつ風に、それでいてご飯なども混ぜてさっぱり食べられる食事代わりになります。台湾でよく作られるようです。(40代男性)

料理というほどではないけど冷茶漬けが好きです。暑い日に熱いお茶漬けを食べる気にならないけど冷茶漬けは食欲がなくてもサラサラと食べられる。(60代女性)

野菜と豚肉の炒め物に酢を入れる。野菜と鶏肉や豚肉の炒め物に梅干しを細かくしたものと大葉を刻んだものを入れて炒める。(50代女性)

たたききゅうりの塩ナムルです。たたききゅうりを作って、胡麻油(できれば白い胡麻油)塩・加熱したニンニクのみじん切りで和えます。たくさん作ってサラダや冷たい麺、ご飯のお供にします。フライパンでイカと一緒にいためて、おかずにもなります。(40代女性)

レシピではないですが、トマトをおやつ代わりにしています。冷たくてビタミンがとれて、水分もとれて熱中症対策にもなります。1つ食べれば結構お腹いっぱいになるので、ダイエットにもなったらいいなと思っています。(40代女性)

冷たい味噌汁。(だしは不要)味噌を氷水で溶いて、きゅうりやトマト、みょうが、しそといった生で食べられるやさいを入れる。(50代女性)

ゴーヤと鶏レバーのカレー炒めニンニクと鶏レバーを先に炒め、ゴーヤ、ソーセージ、カレー粉などを炒める。栄養もあり、ご飯が進みます。去年の雑誌アンアンの夏レシピに掲載されてた。(40代女性)

【調査対象】弊社管理オピネット会員  オピネット:http://www.opi-net.com

【調査期間】2015年6月24日〜7月3日

【調査方法】インターネットリサーチ

【有効回答数】1936件


>>アンケートについてはこちらからお問い合わせください。  >>公開調査一覧
ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート
このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2016 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved