お花見を毎年する人は約3割

毎年する人、する年がある人をあわせると6割以上の人がお花見をしている。お花見をほとんどしたことのない人も2割いる。

お花見を毎年する人は、年代があがるにつれて高くなっており、60代 以上では4割。20代ではお花見をほとんどしたことのない人が約4割いる。

お花見はしますか?(n=2564)

お花見をした人は約4割

今年お花見をした人、する予定のある人はあわせて4割。したかったができなかった人を含めて、お花見をしたいと思っている人は7割強

今年お花見をした人、する予定のある人はあわせて4割前後。時間に余裕のある人の多い60代では6割近くになっている。したかったができなかった人を含めて、お花見をしたいと思っている人は、20代では6割、30代以上では7割を超えている。

今年はお花見をしましたか(する予定ですか)?(n=2564)

お花見にいく人数は2人

今年、お花見にいったの2人という人が4割近く。次いで多いのは3〜4人で行ったという人で3割。10人以上 という人は1割いる。

お花見には2人で行くという人が多いのは20代以下と50代以上。30代、40代は3〜4人で行くという人が多い。20代では5人以上で行ったという人が3割おり、他世代とは若干傾向が異なる。

今年のお花見は何人で行きましたか(行く予定ですか)?(n=1090)

お花見での過ごし方は桜を見ながら散歩。

今年過ごしたお花見のタイプで最も多かったのは、桜を見ながら散歩をした人で、各年代とも約5割。次いで多いタイプが、40代以上は平日ランチ時、20代以下は休日ピクニック時。夜に宴会、ドライブは各年代とも1割前後。

今年過ごした(過ごす予定の)お花見のタイプは?)(n=1090)

お花見はカップル(配偶者・恋人)で

今年カップル(配偶者・恋人)でお花見にいった人は4割。家族で行く人が次いで多く3割。ママ友、仕事関係の人とお花見をする人は1割以下。

今年カップルでお花見にいった人は20代以下と50代以上に多く3割。30代、40代は家族で行くという人が多く5割。これらはプライベートの仲間 だけで行くより割合が高くなっている。仕事関係の人と行く割合が高いのは20代。未婚者の割合が高いため、他世代とは傾向が異なる。

今年のお花見は誰と行きましたか(行く予定ですか)?(n=967)

お花見での場所は、たまたま空いていた場所

お花見をする場所は、たまたま空いていた場所という人が6割。
場所とりをした人、穴場に行った人は2割。

お花見をする場所はどのように確保しましたか?(n=691)

お花見のために購入するものはお茶とお花見弁当

お花見のために購入するものは 、お茶・水、お花見弁当、酒類、デザート、ジュースの順に多い。手作りして持参という人も2割。

お花見のために購入する食べ物、飲み物は?(n=691)

お花見しながらしたことは談笑と写真撮影

6割の人がお花見しながらしたことは、談笑と 写真撮影。

お花見しながらしたことは「談笑」が7割以上、「写真撮影」という人が6割以上。各年代とも同じ傾向である。こられ以外では、30代、40代は子供と遊ぶ、20代以下はツイッターをする、野球等という答えた人がみられた。

お花見をしながらしたことは何ですか?(n=1090)

お花見は思い立って見に行った

お花見は思い立って行った人がいちばん多く約4割。

今年のお花見を計画したのはいつごろですか(n=1090)

お花見を事前情報を集めた人は3割

お花見に関する事前情報を集めた人は約3割。
大半の人はわざわざ調べていない

お花見の事前情報を集めましたか?(n=1090)

お花見に関する情報は、インター ネット

開花情報やお花見スポット、当日のお天気等、お花見に関する情報はインターネットで集めることが最も多く、7割の人が利用。
次いで新聞、テレビで約4割の人が利用。

開花情報や花見スポット、当日の天気をどのようにして集めましたか?(n=313)

お花見に行かなかった理由は時間がなかったから

お花見に行かなかった理由でいちばん多かったのは、興味がなかった、で約4割。お花見に全く興味なしという人は2割。

お花見に行かなかった理由はなんですか? (n=1474)

お花見に関するエピソード、おススメお花見スポットなど

何年か前に主人と醍醐寺へ言った時、晴れ間だったので満開の桜を楽しんだあと、急に雨が降り出して上がってから太陽の光が当たってキラキラと輝く桜が見られました。しばらくして雪が降り出して驚いていたら氷まで降ってきて、めまぐるしいお天気の変わり方に一喜一憂の一日でした。
三月の末に、主人と宇治の平等院に行った時、ちょうど桜が咲き始めていて人の少ない時に、ゆっくりと綺麗なしだれ桜を見ることが出来ました。(50代女性)

いつも行く場所を決めている。島根県松江市島根町のチェリーロード。大山隠岐国立公園の絶景を見ながらスカイラインにそって桜が700本植えられている。桜祭りがあるのでそこの出店で買い物。各年しか見事に咲かないのが残念だが、当たり年は絶景です。(50代男性)

全員4名着物を着てお花見をしようという計画で、ランチはレストランで済ませ、そぞろ歩きでお花を楽しんだ。途中でベンチに腰掛けお茶を飲みながら花を愛で素敵な時間を過ごした。場所は平日午後の新宿御苑。(60代女性)

ブルーシートを敷いて宴会形式でするときは、大勢で1人1品持ち寄り形式にすることが多いが、ピザの宅配や、チーズフォンデュをしたこともある。主人と2人のときは散歩程度。屋台が出ていれば、屋台で飲食物を調達する。(30代女性)

毎回の事なのに、花見となると春がきて暖かくなってきているという錯覚をおこして寒い思いをするはめになる。だからといってダウンと桜は合わないし情緒もない気がしてつい薄着に寒いの繰り返し。寒いことばかり記憶に残ってお弁当の事など、ほとんど覚えていない。(40代女性)

西武園ゆうえんちで、ライトアップされた夜桜と「結婚したくなるイルミネーション」をゆっくり楽しむことができましたよ。人ごみは経験せずに、イルミと桜を楽しむことができました。来年も行こうかな。(60代男性)

いつも行くレストランは坂の途中にあり食事をしながら桜を見下ろすことが出来ます。今年は行ってみると満席で2時間待ちと言われ、残念ながら食事は出来ませんでした。しかしのんびりと散歩しながら見上げる桜はやさしく揺れて、ほのぼの家族と話しながら散歩が出来ました。帰り道素敵なジャズ喫茶をみつけて時間くらい過ごしました。来年からはこのコースがいいなと思いました。(50代女性)

遠い昔、同級生の子の家族とうちの家族で大阪の造幣局の桜の通り抜けへ行った。夜桜を見るんです。同じクラスの隣に座っている子が来るとは思わなくて驚きました。母とその子のお母さんが同じところでパートとして働いていたのだ。そして、二人は仲良しでした。このことが理由で、その男の子と仲良しになりました。小さな恋も芽生えました。(30代女性)

門真市には、「砂子水路の桜」という桜の名所があり、500メートルぐらいの水路の両岸に、約 200本のソメイヨシノが咲き乱れて、とても見ごたえがあります。桜の季節にだけ運行される観桜舟から見る桜も、とても風情があります。(40代女性)

花見のお昼に有名なピザ屋に15分並んでいただきました。賞を取ったことがあるだけに大変美味しく並んだ価値は十分でした。目黒川沿いの桜スポットの沿線にはピンクのシャンパンが沢山売られていてナウい(笑)感じがしました。(50代女性)

昨年は満開の直前で雪が降りお花見が出来なかったので、今年はかなり寒かったけれど冬の格好で意地になってお花見をした。お弁当とお酒で頑張ったけれど、来年からは寒い時はホットワインか熱燗を持ってこようと思いました。(40代女性)

毎年、デパ地下でお弁当などを買うのですが、今年は寒かったので先に食事をしてから行きました。毎年買うお弁当も楽しみの一つで2つくらいデパートを回って購入しています。おすすめはそんなに有名でないお寺です、高台にあり市内を一望でき眺望もよく桜も広い境内に沢山咲いてます。(40代女性)

お花見は毎年同じメンバーで、5家族集まって行きます。もー5年ぐらい続けています。途中出産で抜ける家族もいたりで、でも次の年は子連れで参加したりと、毎年人数が増えていってとても楽しいです。お花見弁当はいつもとかわらないメニューですが桜の下でみんなで食べるお弁当は格別です。(30代女性)

【調査対象】弊社管理オピネット会員  オピネット:http://www.opi-net.com

【調査期間】2014年4月11日〜19日

【調査方法】インターネットリサーチ

【有効回答数】2564件


>>アンケートについてはこちらからお問い合わせください。  >>公開調査一覧
ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート
このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2016 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved