美術館・博物館についてのミニアンケートレポート

Q1.この1年間で美術館・博物館を利用しましたか? [n=2512]

Q2.美術館・博物館を利用した目的は何ですか?(いくつでも) [n=1126]

Q3.誰と行きましたか?(いくつでも) [n=1126]

Q5.この1年間で美術館・博物館を利用しなかった理由を教えてください。(いくつでも) [n=1387]

訪れた中で特に印象に残っている美術館・博物館があれば理由も合わせて教えてください。
また、印象的な展示やエピソードなども教えてください。

  • 2012年10月国立新美術館での、「リヒテンシュタイン華麗なる侯爵家の秘宝」
    絵画、彫刻、工芸品、家具やタペストリーがそれぞれの空間に並べられ、まるで宮殿をめぐっているかのような楽しさがあった。特に、アントニオ・ベルッチの天井画の作品が、美術館の天井に展示されていたことが、新鮮だった。下からの眺めを加味しての作風が身近に感じられた。(40代女性)
    >> 国立新美術館
  • 国立博物館で埴輪などを見た時に昔教科書で習ったものがそこに展示してあって感動したな。また建物も時代を感じさせてくれて壮言です。あと青山の根津美術館は小さいけれど庭との調和がすごく良く展示物を見た後、庭の散策も楽しい。あそこでお茶を飲んでぼ〜っとしてる時間は大事です。(40代男性)
    >> 東京国立博物館  >>根津美術館
  • 大英博物館・・ロンドンに行った時 2度ほど見たけれど あまりにも沢山の展示で まだ全部は観ていません。気に入ったのはドールハウスですが 何時間も見ていても厭きないほどです。(70代女性)
  • 長野に一人旅をしたとき長野信濃美術館「東山魁夷美術館」に行きました。お名前は良く知っていましたが、ゆっくり絵画を見ることはなかったのですが初期の作品まで、良く拝見しました。ドイツに留学したときに描いた石の扉だったか石の塀のような絵がドイツに留学したときに描いた石の扉だったか石の塀のような絵が不思議に印象に残りました。後期の絵は勿論素晴らしかったし、ほかに安井曾太郎や池田万寿夫などの絵もあったと思います。善光寺の直ぐ傍の美術館はとても素敵でした。(80代女性)
    >> 東山魁夷美術館
  • 八重の桜の展覧会です。同志社会館で開催。八重さんが新婚時に住んでいた家もみることができました。京都文化博物館でも展覧会にいきました。とても大勢こられていました。(50代女性)
  • パシフィコ横浜のマンモス「ユカ」展、凍土から発見され、冷凍保存されたマンモスを見た。子供だから小さかったが、成長したマンモスは像と同じくらいの大きさだということをはっきり認識した。従来巨大な生き物という先入観があった。(60代男性)
  • ルーブル美術館。あまりの広さに迷子になってしまい、展示場以外の蝋人形が保管されている場所に。人がいると思って、出口を聞こうとしたら蝋人形だった。(50代女性)
  • 横浜みなとみらい美術館。出掛けたついでで申し訳なかったですが、常設も中々魅力的な展示があることを知り、2,3ヶ月に一度はいきたくなりました(60代女性)
  • パリのオルセー美術館。ルーブルは迷路のようで疲れたけれど、オルセーはゆっくり観ることが出来てこちらの方がお気に入りになりました。(60代女性)
  • 出雲地方への旅行の行程の中で足立美術館を見学した。以前から庭園を一度は見たいと思っていたが、その美しさに大いに感動しました。(60代男性)
  • 40年前に行ったニューヨーク近代美術館は圧巻でした。美術の本に載っている作品がたくさんあり、バリアーなしで、絵の具の盛り上がり具合を10cmの近さで見ることが出来た。
    10年前にみた国立近代美術館のゴッホ展も圧巻でした。思ったりも絵のサイズが大きく、作品の一つ一つがオーラを放っていました。(60代男性)
  • 建物で印象に残っているのは信州の「いわさきちひろ美術館」自然の中の平屋建てがゆったりと過ごせる空間になっていました。(60代女性)
    >> いわさきちひろ美術館
  • 昨年11月東京藝大美術館で見た、「東福寺仏頭展」がとても印象的だった。火災で頭部以外の体を失い、数百年も行方不明だった仏様の顔が奇跡的に損傷がないまま見つかったことが感動的だった。昔の人の感性の細やかさと、繊細な技術はすごかったと思う。(50代女性)
    >> 東京藝大美術館
  • 備前焼の女性陶芸家の展示会。備前焼はどちらかと言えば暗い色が多いが、女性らしく美しい色の作品があり興味を持った。(60代女性)
  • 兵庫県立美術館で行われた東山魁夷展本などにあまり載っていない「夕静寂」が展示されていて感動。長野にある東山魁夷館にも是非行ってみたいと思った。あと、東京競馬場にある競馬博物館。価値ある無料。ビデオコーナーは見応えがある。 (40代女性)
    >> 兵庫県立美術館
  • 冷蔵庫の収納術をテレビで観て、プラスチックの手で引き出せるかごを6つくらい購入し、ジャンルごとに分けて収納したら、冷蔵庫が綺麗に片付きました(20代女性)
  • ロシアのエルミタージュ美術館。世界3大美術館の一つだけあって桁外れの名品がいっぱいで、素晴らしいの一言でした。あとは美術館ではないがアントワープのノートルダム大聖堂で見た「キリストの降架」フランダースの犬のネロ少年を思い出し涙がこぼれた。(60代女性)
  • (1年内ではないが)九州国立博物館の「阿修羅展」で、休館日に障碍者が申し込み制で入館でき、ゆっくりとすいている中で見ることが出来てよかった。私自身は自立歩行が出来るが、車椅子の方たちなどにとってとてもいい企画だと思った。(50代女性)
    >> 九州国立博物館
  • 藤子不二夫ミュージアムでジャイアンの誕生日イベントを開催している時に訪問レストランのメニューが楽しくて良かった。(40代女性)
    >> 藤子不二夫ミュージアム
  • エル・グレコ展は、子供の頃から好きな画家だったので思い入れありました。近日中にターナー展にも行きます。(50代女性)
  • 子供の中学校の宿題のために地元の美術館へ行きました。美術館のなかにあるアートについてのクイズに答えて行く宿題でした。普段、美術館へ行く機会がないのですが、とても面白かったです。絵だけでなく、立体的な作品や、部屋全体がアートになっているものなど色々あって面白かった。(40代女性)
  • 夏休み、主人の実家への帰省の時、静岡の美術館によく行ってます。常設展(ロダンの「考える人」「地獄門」など)もいつもみて帰りますが、珍しいものが展示されるイベントなどやっているので楽しみにしてます。(40代女性)
  • 近所にある地元の博物館は、長期休みなどによく子供向けの講座や体験をさせてくれるのでよく訪れる。華やかな博物館もとても勉強になるがこのような身近な博物館も親しみがわいてよいと思う。(40代女性)
  • 上野の国立西洋美術館と国立科学博物館、東京国立博物館です。わたしにとってこの3つは別格です。見せ方が上手いんです。展示物自体の内容のおもしろさも含め、建物自体の風格、展示物の配置の高さ、キャプションの内容、閲覧者を誘導するやり方や配置、広告といった些細なことまで他の美術館や博物館と比べて何もかもが頭ひとつ抜けて感じます。いつでも期待を裏切りません。(30代女性)
    >> 国立西洋美術館 >> 国立科学博物館 >> 東京国立博物館
  • ターナー展、混雑していましたが、観覧者の年齢層が高かったせいか静かで落ち着いて見られました。バレンタインの時期に紅茶葉のプレゼントを下ってくださったのもおしゃれでしたね。(40代女性)
  • デザインですばらしいのは島根県益田にあるグラントワ。収集の多いのは大原美術館か久留米にある石橋美術館が気に入っています。庭の素晴らしい「足立美術館」も良いですね。(50代女性)
    >> 大原美術館  >>石橋美術館 >>足立美術館
  • 北海道道立美術館常設展も充実していますし、玄関前の彫塑像も見応えありますね。また、比較的自然に恵まれた札幌市内に位置してます。スタッフの対応もまぁまぁですよ。(40代男性)
  • 明治大学博物館。大学関係者でなくても無料で入場可能。考古博物館、商品博物館、刑事博物館が一緒になっている。刑事博物館はギロチン等の刑具や鉄娘等の拷問道具が展示されている。商品博物館は昔懐かしのレトロな商品が展示されており、考古博物館は埴輪や土器等が展示されている。刑事博物館は必見。休息場所もあり、都心で、散歩に疲れたら、ぶらっと立ち寄るのも良い。(50代男性)
  • 最近行った、みうらじゅんの「いやげ物展」(渋谷PALCOミュージアムにて)がとてもユニークで珍妙で、楽しかったです。どれもこれもお土産でもらったら「いらない!」って思うものばかりで笑えました。サブカルの世界にどっぷりハマれる素敵な展示でした。(30代女性)
  • 国立西洋美術館では企画展時に、こどもに簡単な説明やクイズのついた冊子を配ってくれるので、導入として絵画に入りやすくていいと思う。(30代女性)
  • ジブリ美術館。美術館内でしか上映されていない短編アニメがよかった。一定期間で別の作品に代わるので、何回も行きたくなる。(30代女性)
    >> ジブリ美術館
  • 「スヌーピー展」六本木ヒルズ。今人的にスヌーピーが大好きなのでとても楽しめた。目当てのグッズが品切れだったのが残念でした。(20代女性)
  • 石川県金沢市の21世紀美術館はとてもユニークで面白い美術館です。まず、建物が迷路のようになっていてとても楽しめます。なかでもプールの底にいるような体感を味わえるスペースがあります。ぜひ一度、訪れてほしいところです。(50代女性)
    >> 21世紀美術館
  • ダイオウイカを展示した国立博物館の企画展に行きました。今回の標本は、全長4メートルとか簡単に言いますが、現実に目で見るのと文字や映像で見る事とは、大きな違いが有ります。百聞は一見に如かずと言います。それを実感出来たのが、非常に印象的でした。(50代男性)
  • 港南台にある科学博物館 子どもたちが自由に活動できるそして何かに気づける空間であったのが印象的です。パパママもこどもたちと一緒に挑戦できるコーナーがあるところもおすすめです。負けまいと必死になりました!子どもたちの真剣な顔が最高です。(40代女性)
    >> はまぎん こども宇宙科学館
  • たまたま訪れた展示館で、歌手の矢代亜紀さんの個展に遭遇した。彼女が絵を描くことは知っていたが、その多才ぶりに驚いた。(60代女性)
  • 安藤百福ミュージアムは楽しめる部屋や展示があって楽しかった。去年行ったマリーアントワネット展は、ドレスコードがあって、リボンが付いたものを当日着けていくと非売品の缶バッジがもらえた。展示の最後の部屋は写真OKで、彼女が着けていた激重カツラ(復元)も体験させてもらえた!やっぱり体験できる展示がいいと思います!(30代女性)
    >> カップヌードルミュージアム
  • 芦屋市立美術博物館はいつも入館者が少なくさびしい美術館ですが、今回の展示(浮世絵)では久しぶりに多くの入館者でにぎわっていました。ロケーションが悪い美術館ですが、展示内容によっては多くの入館者が期待できることが分かった。(70代男性)
    >> 芦屋市立美術博物館
  • 上野にある国立美術館。全く知らない名前の方だったが、子供の宿題の付き合いでいったらなかなか刺激を受けた。(40代女性)
  • 箱根の森美術館。広々とした自然の中に彫刻類が置いてあり、作品のみならず、自然も満喫できて、心も癒される(50代女性)
    >> 彫刻の森美術館

訪れた中で特に印象に残っている美術館・博物館があれば理由も合わせて教えてください。
また、印象的な展示やエピソードなども教えてください。

  • 最近日本の古典が見直されているようですが、一人の作家にしぼっていわゆる若描きから最晩年まで、その人の一生がわかるような作品展が見たいです。(美術館)ある場所に絞って歴史や産物や現状が全部わかるのもいいと思います。(博物館)健康を害して歩き回ったり、人に会ったりできなくなったので、こんなことを思うのかもしれませんが。(70代女性)
  • エルミタージュ美術館。帝政ロシア時代に収蔵した美術品と宮殿内に造られたという美術館も見たい。(60代女性)
  • 軽井沢のペイネ美術館に行きたいが、その付近には、そこしか行きたい場所がないため、なかなかプランを考えることができない。(50代女性)
  • 岡本太郎美術館、ジブリ美術館に行ってみたいです。草間弥生さんに興味があるので作品の展示会があればいいなと思います。(40代女性)
  • 数年前までは、京都岡崎の美術館に足繁く通っていましたが、此のところ体調が悪くご無沙汰しています。近世の有名画家の特別展示のときはとても楽しみですが、常設展示だけでも十分楽しめるので、是非またいってみたいと思っています。(80代男性)
  • ニューヨークのグッゲンハイム美術館。建築物としても素敵です。ヨーロッパはここに集約されていると言われているルーブル美術館。いずれも海外ですが近年中にがんばります。そう美術館ではないけど生きた展示物としてマチュピチュにも興味があります。(40代男性)
  • 子供たちが、じっと黙って鑑賞するだけではなく、体を使って体験したり騒いでも大丈夫な展示があるとうれしい。数年前に、千葉県立美術館でそんな体験して親子ともに楽しかったから。(40代女性)
  • 台湾の故宮博物院は大好きで、10回以上行っています。日本で「故宮博物院展」があれば行きたい。ロサンゼルスの現代アートの美術館展も開催してほしい。(40代女性)
  • ルーブル美術館展が京都にまた来たら行きたいが、子供が小さいと騒ぐし混むし迷惑になるので子供が小さいうちはいけない。子供も一緒に楽しめる展示で気兼ねなく行けるものがあったらいいのにと思う。(30代女性)
  • 美術品に興味がないので、興味が出てくるような解説をしてくれる人がついてくれるとうれしいです。ありきたりな説明ではなく、裏話や面白い話です。(40代男性)
  • 島根県にある美術館のような、屋内から庭を眺めたときに一枚の絵のように見える庭を数多く配置されている美術館が出来ればいいなと思います。(50代女性)
  • 絵巻専門の博物館で、実物をとくにもっていなくても、全巻を展示してみせてくれるところはぜひ創ってほしいと思います。いつも一部だけの展示で、全巻をすべて展示するような特別展は非常に少ないので。いまのスキャン技術をつかえば、国内の絵巻を複製でもいいので(画像データでも)、しっかりみせてくれることができるのではないかと期待します。(50代女性)
  • 着物が好きなので、江戸時代の花魁の着物などきらびやかなものがあれば、見てみたい。(50代女性)
  • あくまで街メインの旅行で、その街の歴史に関する博物館があれば立ち寄りたい(40代男性)
  • 見るだけでなく、何か体験できるものがあると楽しいです。美術品には触る事ができないので、視覚は満足しますが、他の感覚がものたりない。触覚とか嗅覚とかを満たしてくれるコーナーがあるといいと思います。(40代女性)
  • 子供が小さいので、子供でも楽しめるようなものがあれば積極的に行きたいです。(アンパンマンミュージアム等は数年前はよく行っていました!)ただ見て回るよりも、実際に触ったり体験できるような、体感型の美術館があれば嬉しいです。(30代女性)
  • ルーブル美術館や大英博物館など世界的に有名なところには行ってみたい。また、特別な展示があるときはどこの美術館、博物館を問わず行きたいと思う。海外の絵本画家の展覧会などがあるとうれしい。(20代女性)
  • どのような内容の美術館・博物館でもかまわないが、「障害児が遠慮なく見て回れる日」を設けていただけると有難いと思う。奇声を発したり、急に走り出したり、音に過敏だったりする障害児を連れていると、一般の方々の迷惑になるので、なかなかそういうところへは行きにくい。(40代女性)
  • 展示品目的ではなく、建築に興味があるので、建物そのものを巡るという企画があったら面白いと思います。(30代女性)
  • スペインマドリッドの「プラド美術館」時間が無くてじっくりとみられなかったのが残念。2日くらいかけてゆっくりと見たいです。(60代女性)
  • 既にいくつかあるのでしょうけど、子供の頃にタイムスリップしたような気分を味わえる博物館に行って見たいです。(50代女性)
  • 人間国宝の展覧会行きたいです 京都の皇室ゆかりの家柄で平安時代からの行事を冷泉家の展覧会が見たいです(70代女性)
  • ルーブルで実際に企画されていたものです。数多くの所蔵の中からテーマに合ってあげられた作品を探してクイズに答えるというものがありました。これは大英博物館でも似たような企画がありました。こうした企画があったらいいのになあと思うことは良くあります。目標を持って作品を鑑賞するためのトリックだと思うからです。わが家ではよく同じ美術展や美術館に何度も行きます。こうした企画に参加してから同じものを違った角度で見ることの楽しさも知ったのかもしれません。(40代女性)
  • 友人達からルーブル美術館の良さを聞いているので、一度行って見たい。毎日通ってゆっくり美術品を見ることは、どんなゴージャスな旅行より贅沢で素敵だと思う。(50代女性)
  • 日本ではエジプト展がよかったですね、イギリスの大英博物館もよかったのでこういうのが日本でもまたやってほしいとおもいました(60代女性)
  • パリでルーブル、オルセー、オランジュリー、ポンピドゥーセンターと巡ってみたいです。こんな展示が見たいな、というのは、例えば中世ヨーロッパの庶民や貴族の暮らしが分かるような絵画やものだとか、江戸の暮らしだとかをテーマにしたもの、当時の生活を想像できるような展示が見たいです。(30代女性)
  • ルーブル博物館は写真撮影が自由で、美術品が多くて素晴らしい。日数をかけてゆっくり鑑賞したい。(60代男性)
  • 世界三大ミュージアムの「大英博物館」「ルーブル美術館」には行ったので残り1つの「エルミタージュ美術館」にぜひ行ってみたい。国内では「金沢21世紀美術館」や「足立美術館」に行きたいと思っている。(40代女性)
  • ロックが好きなのでロックの歴史を語るような博物館があれば面白いと思う(30代女性)
  • 昔、上野の東京国立博物館にて「日本の刀展」というのがやっててたまたま観に行けたのですが、様々な刀、槍等の武具がいっぱい見れてとてつもなく楽しかった思い出があります。なので、日本や世界の刀剣・武具を扱った大規模な展示があればぜひ見てみたいです。(30代女性)

【調査対象】 弊社管理オピネット会員  オピネット:http://www.opi-net.com

【調査期間】2014年2月18日〜3月14日

【調査方法】インターネットリサーチ

【有効回答数】2512件


>>アンケートについてはこちらからお問い合わせください。  >>公開調査一覧
ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート
このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2016 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved