紙媒体の書籍の中で最も読まれているのは、
「単行本・文庫本」と「雑誌」

いずれの紙媒体の書籍も、月に5冊以上読むと答えた人は1割に満たない結果となりました。「単行本・文庫本」と「雑誌」に関しては、2〜3か月に1冊以上は読むという人が約半数となっていました。「ライトノベル」や「マンガ・コミック」は、全く読まないという人が半数を越えており、読者層が限定されていることがうかがえます。

Q1.紙媒体の書籍をどれくらい購読しますか?

「書店」を追いかける「インターネット通販」という構図に

「書店」で購入する人は8割を越していました。
その次に「インターネット通販」が約4割と多くなっています。

Q2.紙媒体の書籍をどこで購入することが多いですか?

「作家買い」が主流

単行本、文庫本を好きな作家やシリーズで選ぶという人が約半数と最も多くなっています。

Q3.単行本、文庫本を買う時には、どのようなことを重視して選びますか?

今年の秋、読書をする機会は、やや減少傾向に

読書をする機会が「増える・増やす」人が1割に満たないのに対し、「減る・減らす」人が約2割という結果になりました。

Q8.今年の秋、あなたが読書をする機会は増えると思いますか?

お薦めの本とその理由を教えてください。(何冊もある方は、できるだけ多く教えてください)

永遠の0…戦争を知らないので、教科書では知れない事を知った。(50代女性)

吉本ばなな著のもの。情緒的に好き。本ごとになんとなくイメージがあって、そういう気分の時/気分になりたいときにそのイメージの本を読むのが好きで何度も読んでいる。一番好きなのは「N・P」で、世の中色々複雑で良いことも悪いことも切な〜い事とかあるけど明日は来るしな。的な気分の時に読む。「なんくるない」は、あ〜、最近沖縄行ってないな〜くっそ〜〜的な時に、とりあえず落ち着くためか、なんとか休みを取ろうと闘志を燃やすため。「キッチン」は落ち込みたい時に。中学生の時から愛読しているものも多々あり、なかなか長い付き合いになりますが、その時の立場等の違いにより感じ方も変わるのでニクイ。(20代女性)

一番好きなのは湊かなえ。独特の書き方が引き込まれる。(40代男性)

絵本の読み聞かせのボランティアをしているので、絵本を読む機会が増えた。宮西達也さんの絵本はどれもいいが、特にシニガミさんシリーズティラノサウルスシリーズ。(50代女性)

小野不由美さんの十二国記シリーズ。世界観がすごい。物語に引き込まれる。(30代女性)

林まりこの本 田舎から頑張って出てきて働いてた自分に似てるから(40代女性)

漫画を電子書籍で読むと、絵が綺麗で没入感ある。(50代男性)

山村美紗サスペンス/京都旅行を読んで楽しめる。(30代男性)

伊坂幸太郎の作品。独特の表現と個性あふれる登場人物(20代男性)

早川文庫 ペリーローダンシリーズ 現在460巻まで発刊さけていて、もう30年以上読んでいるけれど、まだ何十年も続くので生きているうちに最後まで読めないのが残念。(60代男性)

Q10.読書に関するこだわりがあれば、教えてください。

最近は入浴中に読んでいます。湿気がありどうしても本を大切に扱えないのが残念。(40代女性)

ベットとかソファーとか、柔らかいところで、自然光か、間接照明で読む。(20代女性)

紙媒体が好きなので、電子で読むよりもあの本の匂いを嗅ぎながら読み続けたい(50代女性)

読んだ本について、本の名前以外に、読み終わった日と一言感想を書いた記録をつけている。(30代男性)

なるべく電子書籍で読む。(50代男性)

数年前は年間300冊以上も読んでいたが、最近は時代物を中心になったことも影響して、減るばかりで半分の150冊くらいだと思っている。(60代男性)

ばたばたしている時はなかなか読めないので主人が出張中にいつも読んでいます。(60代女性)

たまに「○○月間」を設ける。6月は文学月間、12月はミステリー月間など。その月は他のジャンルの本は読まない。(30代女性)

おもしろければ何でも良いです(50代男性)

1度読んだことがあるもので面白かったものをお気に入りの場所でじっくり読み返す。私の場合は落ち着いた喫茶店、海浜公園でトリップしています。自分主催のベストオブジイヤー、映画で言えばアカデミー賞、音楽で言えばグラミー賞のようなものを企画してその年読んだ作品に様々な賞を与えて年末に読み返して楽しんでいます
。今年でかれこれ24年続けています。何千という作品を読み受賞作品は何百篇とありますコレクションです。それをお気に入りの場所に持っていくわけです。(40代男性)

【調査対象】 弊社管理オピネット会員  オピネット:http://www.opi-net.com

【調査期間】2013年11月20日〜25日

【調査方法】インターネットリサーチ

【有効回答数】2000件


>>アンケートについてはこちらからお問い合わせください。  >>公開調査一覧
ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート
このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2016 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved