父親がいる人は7割

全体の7割が自分の父親か、義理の父親がいる結果になりました。

Q1.お父様(義父含む)はいらっしゃいますか (1つ) [n=1698]

プレゼントをした人は4割

今年、父の日に「プレゼントを贈った」人は4割でした。次いで「贈らなかった」人も同じく4割でした。

Q2.今年の父の日にプレゼントをしましたか?(1つ) [n=1120]

毎年贈っている人は4割

毎年贈っている人、この5年以内は贈ってない人、いずれも4割という結果になりました。

Q3.これまでには、父の日にプレゼント(モノ、現金、金券、外食含む)を贈っていますか?(1つ) [n=1120]

プレゼント選びでは、相談しない人が多い

プレゼントを贈った人は、プレゼントを贈るにあたり、「誰にも相談しなかった」が最も多くなりました。相談相手としては「配偶者・パートナー」が最も多くなりました。

Q4.プレゼントに何がいいか誰かに相談をしましたか(いくつでも) [n=483]

今年もお酒が1位

贈ったもので一番多かったのは「お酒」です。昨年は2位だった「洋服」を抜いて「食品」が今年は2位になりましたを上げました。

Q5.今年の父の日に何を贈りましたか?(複数の場合は、メインを1つ) [n=485]

プレゼントは2000円台、次いで4000円台が多い

プレゼント総額は2000円台、次いで4000円台が多くなりました。

Q6.その贈り物について、価格帯を教えてください [n=485]

プレゼント選びは目的買いが6割

プレゼントを贈った人の中では「もともと贈ろうと考えていた」人が6割に及びました。次いで多かったのは「決めていなかった」人です。

Q7.それは、元々贈ろうと考えていたものですか?(1つ) [n=485]

父親が欲しがっていたものを贈る人が多い

贈ったものは「父が欲しがっていた」が最も多くなりました。次いで多いのは「実用的なもの」。一方で「店頭の訴求」や「お薦め品」で選んだ人は少なく、提案をうけて選ぶよりも、欲しいものを決めて選ぶのが父の日のプレゼントの特徴のようです。

Q8それを贈ったのは何故ですか?(いくつでも) [n=483]

アベノミクス効果はいかに?

去年と比べて、父の日贈ったプレゼントの価格が「高くなった」という人が12%。一方で日ごろのお買いものと比べて「奮発した」と思っている人は22%でした。今年の父の日については、毎年贈るものについて価格自体はそこまで変わっておらず、日頃より奮発している人がいる、という結果になりました。

Q9去年と比べてプレゼントの価格は[n=485]

Q10普段のお買いものと比べてプレゼントの価格は [n=485]

手作りプレゼントは3~5歳までがピーク。
12~14歳が一番プレゼントを贈らない。

「購入プレゼントがあった」はお子様の年齢があがるにつれ増加しています。逆に、「手作りプレゼントがあった」は3~5歳のお子様がピークです。「プレゼントをもらわなかった」のは12~14歳のお子様に一番多くなり、年齢があがるにつれて減少しています。

Q13.お子様からプレゼントは貰いましたか

「父の日には感謝を伝えたい」、
「子供も感謝を伝える子になってほしい」という声が多数

「そのようなことが多い」と多く回答されたのは「父の日には感謝を伝えたい」,「子供も父の日に感謝を伝える子になってほしい」となりました。一方で「そうではない」と多く回答されたのは「母の日と違って父の日は忘れる、贈らない」となり、父の日の存在感を見せる結果となりました。

父の日についてあてはまるものを選んでください[n=1697]

【調査対象】 弊社管理オピネット会員  オピネット:http://www.opi-net.com

【調査期間】2013年6月19日〜23日

【調査方法】インターネットリサーチ

【有効回答数】1698件


>>アンケートについてはこちらからお問い合わせください。  >>公開調査一覧
ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート
このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2016 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved