ノート型の手帳を利用している人が45%、
携帯やスマホ利用の人が30%

一番多かったのはノート型の使い切りタイプの手帳を利用している人でした。また、自宅では紙のカレンダーを利用している人も。

Q1.スケジュール管理はどのような方法で行っていますか?(複数) [n=2790]

手帳にはto doリストを書いている人が多い

『しなければならないことリスト』を書く人が7割と多く、その次に多かったのは実際にしたことの記録やメモが5割だった。

Q2.【手帳と答えた人】スケジュール管理以外に、日付と合わせてどのようなことを書いていますか?(複数) [n=1480]

手帳サイズはポストカード・単行本サイズが過半数

50%を超えるひとが『ポストカード・文庫本サイズ程度』の手帳を使っています。

Q3.【手帳と答えた人】使用している手帳のサイズは?(複数) [n=1480]

8割の人が手帳を自分で購入

8割の人が手帳を自分で購入していると回答。他には自分の勤めている会社以外からもらったものを使っている人が1割を越えた。

Q4.【手帳と答えた人】使用している手帳は購入したものですか?(複数) [n=1480]

付箋、色分けなどで大事なことをわかりやすく!

付箋や色分けをして大事なことをわかりやすくしているという人がそれぞれ20%を超えています。7割近くの人が使い方に何かしらの工夫をしています。

Q5.【手帳と答えた人】Q5.手帳の使い方として工夫していることはありますか(複数) [n=1480]

月間カレンダーは半分以上の人が使用!

『月間カレンダー』『年間カレンダー』は半数の人が使用しています。また、カレンダー以外では、「路線図」が人気で1/4の人が利用しています。

Q6.手帳の中で(手帳に入れて)使っているものは [n=1480]

手帳の使い方として工夫していることを具体的に教えてください。

その日その日の天気をスタンプで、また気温も記録している。家計簿的なマネー管理、行事、簡単な日記も同じ手帳につけている。行事は家族によってペンの色を使い分けている。最後のフリーページには、1年間の家計のまとめ、その年に買った電化製品、ボーナスの使い道、中元歳暮の贈った人や物、車の管理票もつけている。

手帳を選ぶときには必ず、一年分の日付が一月ずつ一列にならんでいる見開きのページがあるものを選んでいます。そこに生理の日付を書き込むようにしていて、自分の生理傾向や不正出血の有無などが一目で分かるようにして、体調管理や旅行の時期決定などの参考にできるようにしています。

手帳は予定だけでなく結果も書きます。毎日血圧も記録医療機関の支払い等も記入家計簿変わり無くしたら大変です。別にも1冊あり預金の明細や保険加入・カードの種類等一切記入非常持ち出しように備えております。

色分けのために、4色+シャープペンシルの筆記具が必須です。手帳のペンホルダーに入るものを探すのが大変でしたが、最近は手帳のホルダー自体も以前より太くなってきているようで、探しやすくなりました。

クリップ、ピン留め、付箋を常時入れている。付箋はちょっとしたメモ書き(何時の電車に乗るか)、ピン留めはたまに前髪がうっとうしくなるから留めるため等で使っている。

1ヶ月見れる所は、スケジュール予定を書き、1週間別の所は、実際したことなどを書き込みます。後は、ポイントサイトで、何を何時交換したかも書き込みます。

通院時に役立つよう、薬の服用記録をつけています。旅行に携帯するものをメモ書きし、準備する時に必ず確認しています。

読んだ本のリストや感想を書く。ネガティブなことも書いておくと、あとで読み返すと客観的な考え方ができるようになる

大切な事、やらなければならない事とちょっとしたメモや感想的なことはペンを色分けして書いている。

フリーメモのところを作り、思いついたアイディアなどを、書いている。以外に色々なことに使える

市販の手帳ですが、10年以上同じタイプのものを毎年購入し使い続けています。トップページに小さいマス目の年間カレンダーが見開きであるので、そこにガソリン給油日、単価、量を記入して、ガソリン価格の推移を一目瞭然にしています。数年前のガソリン高騰時から始めて、習慣になってしまいました。

きちんと記入していると忘れることないし、読み返すとなつかしいこともある。個人的には、手帳の高橋は家族で愛用しています。母にすすめてかれこれ10年以上になるくらい愛用しています。すごく使いやすいのでとてもいいです。>>[参考] 高橋書店

最近雑誌で色々な手帖の使い方を読んで参考にしています。用事を書いて出来たら線で消したり、シールで目立つようにしたりしています。あと、気になるモデルさんの切りぬきを貼って目標にしています

生活費をもらった日から毎日使った分のお金を引いて記入している。残りの使える金額がわかりやすく前月までの記録と照らし合わせて今月は使いすぎている、などが分かりやすい。

フリクションボールという、PILOT社の消えるボールペンの細字のフリクションポイントを全色フル活用して、色分けをして手帳をすっきりみやすく記入している。>>[参考]PILOT

プライベートなことは自分以外の人の個人情報になるので、手帳を紛失した際などに第三者に伝わらないよう略語や記号を使っている。

新聞等の書評に載っていた本の情報や行きたい博物館の特別展示の情報はポスト・イットを使って張替が出来るようにしている。

いつも買っている化粧品がどれくらいでなくなるかを記入し、無駄な購入、無駄遣いがないよう記録している

手帳後ろの方に昨年の行事や行ってよかったイベントを箇条書き。翌年の予定作りの参考にしている。

服装と、その日会った人を書くことで、同じ人に続けて二回同じ服装で会わないようにしている

Q7.こんな手帳が欲しい、あったら便利なのにと思う事があれば教えてください。

数年前のミスタードーナツでもらった手帳…というかその手帳のケースにファスナーポケットがついていて、これがとても便利でした。システム手帳のリフィルでなら売ってるのですが、手帳ケース(orカバー)であると便利なんですけどね。

買う時に使いやすさ、付属されている年間・月間スケジュール等の多さや表紙等の気に入り加減と色々と吟味して買うものの、ちょっと飽きてしまったりする事もあるので、自分のペットを表紙にしたり中身にワンポイントで入っていたり、というようなオリジナル手帳をお手頃価格で作れる手帳があったらと思う。

自分でリフィルが、全てデザインできるオーダーメイド。なかなか気に入るものがなく、リフィルを自分で手作りしようとしたが、見た目があまりよくなく断念したりした事もあるので。自分で全てがデザイン出来たらいいなと思った。

メモリーカードやテレカ、各種ポイントカードなど、小さくてやや厚みのあるものまで収納できる手帳。レフィル別売でもいいので、磁気に影響が出ない仕様にして発売してほしいです。

月間カレンダーだけで十分なのだが、そのタイプだとメモページがやたらと多くて不要。月間カレンダーだけの薄くて軽い手帳が欲しい。

今の手帳が気に入って何年か連続で使用しています。自分にとっては今の手帳で満足です。

年間カレンダーと見開き月刊カレンダーとメモがセットでなるべく薄くし、メモの部分を普通紙とホワイトボードのように文字が消せる素材で作って欲しい。大きさはA5程度。週刊スケジュールや路線図他のおまけ、付箋やちぎって取れる可愛いメモ、プロフィールや店リスト、アドレス帳などは邪魔。いらない。重くて厚くなるから。

今使っているものが月間スケジュール+家族スケジュールというお母さん手帳(?)です。夫の出張や、子供の習い事・学校行事・変則時間割(早帰り)などを書き込めて便利。子供が大きくなるまでの期間のお母さんしか使わない手帳かもしれないけど面白いアイデアだと思いました。

月間カレンダーの部分だけ、別ノートになっていて簡単に取り外せ、病院などに持って行ける(スケジュール帳は結構かさばり、荷物が多いと重いので)電子カレンダーでも、最終的には印刷でき、自宅で本にできる。

今日のNHK「Rの法則」で見たんですが、鏡が内蔵されていたり、欲しいページがダウンロードできるのは良い。ペンも背表紙に挿せれると邪魔にならなくて良い。

右か左の端の方に縦に1から31までの欄がありそこにカードの引き落としの金額など書き込める程度のスペースがあると便利

食べ歩き、カフェめぐりが趣味の人のための手帳とかあったら欲しい

元々インストールされているソフトやアプリを使う人が7割以上!

使用するソフトやアプリは元々入っているものを使うという人が7割以上でした。

Q8.【携帯電話・スマートフォン・PCと答えた方】どのようなものを使って管理していますか [n=1072]

特に工夫はしていない人は『手帳派』よりも多い。

手帳やノートに比べてオリジナルの工夫はしにくいからか4割の人がこだわりや工夫はしていないと答えています。

Q9.【携帯電話・スマートフォン・PCと答えた方】使い方のこだわりや工夫などはありますか。 [n=1072]

スマホや携帯のアプリの使い方として工夫していることを具体的に教えてください。

仕事のような細かいスケジュール管理は必要ないので、できるだけシンプルに、ぱっと見て分かるようなスケジュール管理をしています。例えば、お稽古日は「ギター」のマークや、お誕生日は「ケーキ」のマークというように。また別に、したいと思っている事を、携帯の待ち受け画面に出るようにしています。

今使っている付箋ソフトが色を変えたり時の大きさを変えたりできるかどうか、知りません。現在の空恐ろしくなるほどの忘れっぽさを考えると、贅沢は言いません。とにかく思い出させてくれさえすればそれで十分です。

以前はノートなどでスケジュールをまとめていたが、最近ではPCのデスクトップ上に貼っている付箋に、予定を書き込むようにした。PCは毎日開くので、必ず見るから忘れません。

自分にしかわからない略語やマークを使って、ほかの人にわからない様にしている。万が一落としてしまったりしても安全。

エクセルで買物リストを作っている。項目に店名、買う物、などの他に店の場所を番号で記入し、優先順位も番号で記入する事によって、場所順かつ優先順位順でソートされるようにマクロを組んでいる。そのエクセルを携帯電話にメールの添付ファイル形式で送信し、携帯でそれを見ながら買い物をしている。

2台のPCをPlaxoで同期し、それをグーグルカレンダーと同期し、タブレットやスマートフォンと同期しているので、全てのデバイスでスケジュールが同じになっており、どれで入力しても全てに反映される。

パソコン、スマートフォンと一つ書き換えれば連携できるようにしていて、用事に対してのメモや地図。電話番号をリンクさせている。

エクセル作成。列に年度をとり、シート別に月をとっている。年ごとの出来事が一目瞭然で重宝している。

【調査対象】弊社管理オピネット会員  オピネット:http://www.opi-net.com

【調査期間】2012年12月4日〜21日

【調査方法】インターネットリサーチ

【有効回答数】2789件


>>アンケートについてはこちらからお問い合わせください。  >>公開調査一覧
ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート
このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2016 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved