ミニアンケート 年末年始についてのアンケート(2)
2012年はどんな1年でしたか?
今年はどんな一年でしたか(N=2608)
「普通の一年だった」と答えた人が半分でした。
例年、「良かった」「悪かった」は、それぞれ30%前後。「普通」が40%程度なのに比べ、
今年は、約半数が「普通」となりました。

昨年は、東日本大震災の影響で、例年になく「悪かった」の回答が多くなりましたが(36.8%)、
その影響はかなり改善したものの、まだまだ微妙な評価になっているようです。

「良かった」「悪かった」の評価は、ご家族や身近な人達に起こった暮らしの変化が
影響していますが、長いトレンドで見ると株価の変動と非常に似かよった動きも見せています。
やはり、日本経済全体の動向と、日々の暮らしの実感は直結しているようです。

12月半ばに行なわれた総選挙。政権交代後の世の中が、より暮らしやすいものになるように期待しつつ、
2012年を振り返ってみてはいかがでしょうか。
(※今年のアンケートは、12月16日の総選挙の結果が出る前に実施したものです)



どんな一年だったか…印象に残っている出来事やニュースなどを教えてください。
金環日食やロンドンオリンピック、ノーベル賞受賞から、各地で起こった痛ましい事件、また芸能界などで多くの人に愛された方が亡くなるなど2012年も明るいニュースや暗い、悲しい出来事…色々ありました。
『良い1年だった』と答えた方は結婚・出産・妊娠・就職・転職など人生の大イベントが関与した1年だった方が多いようですね。
皆さんの一年を振り返るコメントをご紹介します。
良い一年だったと答えた人のコメント
2月から、遅ればせながら本格的に始めた子供の就活でしたが、5月に希望の会社の内定をもらうことができて、親子共々ほんとうにありがたくうれしい思いをすることができました。就職難と言われて久しく、新卒でさえも困難な状況では一般の方の雇用が良くなるはずもなく、景気対策と雇用の改善を進めないと経済の停滞や治安の悪化、少子化の加速など国の未来さえも不安になります。そのためにも一年の締めくくりに国政を決める選挙が決まったので、ぜひこの国がいい方向に行くような政党を選ぶために投票に行くべきだと思っています。それにしても、今どきの就活には驚くことばかりで、たいへん勉強になりました。(50代女性)
次女が中学生になり、だいぶ大人になった。オリンピックで日本人選手が活躍し、ノーベル賞もとれてうれしいし誇りに思った。 (40代女性)
昨年の暮れに母が亡くなり、この一年は後始末や法事などで忙しく過ごしましたが、折々に長女親子が手を貸してくれ力になってくれた事が、とても嬉しく感じました。
(60代女性)
長男が同志社大に合格した。節約主婦特集で女性セブンに掲載された。商店街で転倒して足の甲骨折。全治3か月。こんな悲喜交々の1年だった。(50代女性)
柴犬が家族の一員になったので、生活スタイルが変わり、犬を介した友達も沢山出来ました。毎日、朝夕の散歩もしたので、相当な距離を歩きました。運動靴がボロボロになったのでトレッキングシューズも購入しました。
(40代女性)
印象深い出来事は、家族の転勤で、引越しして、仕事はやめることになったけど、新しい家族が授かり、新しい体験ができていることです。暗いニュースもあったけど、ロンドンオリンピックで大きな感動があったことです。
(30代女性)
若いときバスガイドをしていたのがきっかけで、パートをしながらバスの添乗の仕事が出来るようになった。とても楽しく満足している。8月に川で人命救助をして感謝状を頂いた。助けた人も元気になって大変良かった。(50代女性)
子どもが揃って入園入学をした。夏頃まではハラハラしたり、心配することが多かったが、今は安心して見守れるくらい、私も子どもも生活になれた。夫の転職も仕事に慣れてきたので、生活を合わすのは大変だが心配なくなってよかった。この一年は心配事沢山だけど、良い方向へ進めた年になった。(30代女性)
自分が理想とする障害児育児の子育てサロンを立ち上げた。参加してくれる人も順調に増え、みんなに感謝された。人に喜ばれるのは本当に嬉しい。(40代女性)
去年ゴールできなかったハーフマラソンゴールに、登るのがきつかった山に再挑戦したら楽々登れたりと体力がついたと思える一年だった。
(20代女性)
まあ、色々あったけど、家族全員病気もせず、会社も潰れず、あと自分の趣味の落語を通してお友達も沢山できたし、良かったけども、、、まぁ、社会的なニュースでは、やはり東北大震災など自然の驚異や、今までにないような猟奇的な犯罪が多かったので、それが怖い世の中になったな、と感じた。(50代女性)
服の「断舎利」を季節ごとにやりました。要らない服はリサイクルをしたり、売りにいったりしてました。服の販買をしているところが、「要らない服を発展途上国に送る」という活動をしていて、きれいに洗ってから集めているところにもって行きました。いらないものを処分できた上に、とても良いことができてうれしい気持ちになりました。ずーっと活動をしてほしいと思いました。
(40代女性)
子供が生まれて、人生がとても幸せに楽しいものになりました。今まで関心のなかった、子供に関する虐待のニュースや待機児童問題などにも、関心がいくようになりました。
(30代女性)
打算的ではなく、人脈を広げたり交友関係を良好にするのに大切だと思います。来年は個人名で年賀状を出す人が増えそうです。ちょっとした一言に思いやりや気配りが感じられる年賀状をもらうとうれしいです。(40代女性)
家族が大きな病気も事故もなく過ごせたというのはそれだけで幸せだと思うようになった。普通のことが大切だとだんだんわかってきました。
(40代男性)
母が入院した。それは悪い事だけど、10日ほどで感知して無事に退院してきたし、母が入院してる間に生活のリズムが整ったり、いい事もあった。その前には25年振りくらいに友達と会って一緒に旅行に行ったし、家族旅行も何年かぶりでした。ペットの犬も一緒に旅行に連れて行った。とても楽しくていい旅行だった。何か楽しい1年だった気がする。(40代女性)
足かけ2年のマンション探しが終わり、ついに新居に引越ししまして、忙しいながらも楽しい毎日でした。より居心地のよい住まいを目指して、来年からもゆっくりじっくり楽しみたいと思っています
(40代女性)
夫が入退院を繰り返し、手術し、今も入院中です。それはとても良いとは言えませんが、ものは考えようで手術は順調に終わり、術後の経過はいろいろあってあまり良くなかったのですが、少しずつ快方に向かっているので終わり良ければすべて良しだと思えるようになりました。ただ、とんでもない一年だったことは間違いないですが〜
(60代女性)
春に私たち夫婦の念願だった子供が産まれ今日までバタバタと忙しい日々をすごしましたが夫婦二人のときとは違い充実した幸せな日々をすごすことができました。
(30代女性)
世の中的には金環日食にスカイツリーオープン、ロンドンオリンピックと明るいニュースが多かった。個人的には新しいことに挑戦したり成長した一年だった。(30代女性)
子供が生まれて1年、ドタバタでしたがようやく慣れて子育てを楽しむことができるようになった。自分の時間も取れるようになってきた。旦那の会社の周りでは不幸が続いたので保険や健康の大切さなど身近に感じた。芸能人のオメデタが続いていると思う。
(30代女性)
ロンドンオリンピック。自身のことでは「50の手習い」で始めたランニング。10月に初めてハーフマラソンを完走し、12月にはフルに挑戦予定。
(40代女性)
兄、妹の二人の子の母親ですが、中々兄妹仲が上手くいかず悩んだ事も有りましたが、お互い結婚し子供を育てる親になって自然と普通になりホッとした1年でした。もう、私も余り気にせず自分の事に没頭します。 (60代女性)
病気療養と気分転換をかね、土地建物を金に換えて、京都に引っ越しました。夫婦二人とも体調を崩していたが妻の笑顔が戻ったのでそれでよしと思います。(60代男性)
これまでお世話になった人を中心に年賀の挨拶と退職の挨拶を兼ねて送ります。写真や文字だけの物ではなく、一言添えた年賀状は人柄が現れて貰って楽しく感じます。
(60代男性)
結婚し、子どもが生まれた。今まで経験したことのない経験をしている。新しい家族が増えたことが、自分にとって一番大きな出来事だった。
(50代女性)
45年ぶりに参加した中学校の同窓会で、私がいいなと想っていた人の初恋の相手が、何と私だと告白されたこと。その日メールアドレスを交換して、今はメル友になった。もっと若いときであれば心穏やかではなかったかもしれないが、還暦を迎える年にもなれば、自分のことながら微笑ましい!(50代女性)
1.65歳で韓国バックパック旅行を実行した。/2.7歳と3歳の孫を連れて一日旅行をした。内容はSLで人吉に行き、球磨川下りをし、鍾乳洞で遊びディゼルー と新幹線を乗り継いで帰宅した。今でのそのときの楽しかったことを思い出す。/3.8月から9月にかけて妻と二人、利尻島で暮らした。今までの人生で最も楽しい夢のような日々だった。
(60代男性)
何しろ、初孫が誕生。その後元気にすくすく育ってます。・・・嫌なこと、困ったことも色々あったけれども、それがあるから、「よい年だった・・・」それにしても赤ちゃんの笑顔ってどんなに大きな力でしょう。結構疎遠になっていた、弟たちもまあ、出張の度に足しげく彼女の家に通って、姪っ子を抱いている(笑)(50代女性)
1.65歳で韓国バックパック旅行を実行した。/2.7歳と3歳の孫を連れて一日旅行をした。内容はSLで人吉に行き、球磨川下りをし、鍾乳洞で遊びディゼルー と新幹線を乗り継いで帰宅した。今でのそのときの楽しかったことを思い出す。/3.8月から9月にかけて妻と二人、利尻島で暮らした。今までの人生で最も楽しい夢のような日々だった。
(60代男性)
身の回りでは三男のところに可愛い女の子の孫が6月に生まれた事。週1くらいで顔を見せに来てくれるのが本当に嬉しい。念願のカナダ旅行へ9月に行ったのも楽しかった出来事である。社会的に見ると消費税が10%になりそうでこれからの生活が不安。
(60代女性)
世の中的には金環日食にスカイツリーオープン、ロンドンオリンピックと明るいニュースが多かった。個人的には新しいことに挑戦したり成長した一年だった。(30代女性)
年明けは長女の受験で始まり、春に無事、第1志望校入学。慣れない中学生活にも慣れ、日々成長していく姿を見ているうちに、もう年末といった感じです。今年のニュースは色々あったけど、歌舞伎役者、中村勘三郎さんの死去が一番驚いたニュース。
(40代女性)
ここ3、4年は一冬ごとに明らかに体力が落ちて心も沈むばかりだったのですが、かかる病院を変え、介護保険を利用して支援ヘルパーさんを頼むようになってから、随分楽になりました。部屋が清潔になり、体の不愉快な症状が和らぐと、人間はこんなにも元気になれるものかと我ながらあきれます。社会はどんどん悪くなる一方ですが、それもこれも煎じ詰めれば私たち有権者が政治家やマスコミ、評論家、あるいは専門家と称する人たちの言うことの表面だけを鵜呑みにして、まともに自分の頭を使って考えなかった結果だと思っています。考えたいことだけ考え、信じたいことだけ信じたのではだめなんです。(70代女性)
今年は2月に結婚5年目目前にして待望の子供が産まれました。しかも私の望んでいた女の子、今年はとにかくこの子につきます。震災に遭い避難してきた去年は随分辛い思いもしましたが、今年は子供のおかげで良くも悪くもあっという間、大変なこともありますが楽しく幸せな一年でした。(30代女性)
3番目の子が生まれました。女の子希望でしたが、3人目の男の子でした。でも元気に生まれてきてくれたので本当にありがたく思いました。へその緒が短くて、最後まで逆子がなおらず帝王切開でした。逆子体操とか頑張った事が印象深いです。へその緒が短いことがわかっていたら、あんなに一生懸命にはやらなかったのに。。。と思いました。
(30代女性)
いい年して何年か前にファンになった関ジャニ∞。その8周年のイベントに参加できたことは本当にうれしかったし、行かせてくれた主人に感謝したい。嫌なこともあったけど好きなことをさせてもらったので帳消しです。
(40代女性)
自分は厄年(後厄)だったのにもかかわらず、何のトラブルも無く一年を過ごせそうですけど、あと一カ月の間にドンデンガエシがあったら、ヘコみますよ思いッきり(笑)
(40代男性)
普通の一年だったと答えた人のコメント
身の回りでは、夫の給料が大幅カットになり、自分も久しぶりにハローワーク通いしつつバイトをはじめた。子供たちはそれぞれ留学、受験から進学へ新しい生活をはじめた。義父の不幸もありの自分なりの大きな変化があった年だった。社会的な明るいニュースは、オリンピックその他で、若い子たちのがんばる姿がたくさん見られたこと。オリンピックの各種競技、サッカー、ゴルフ、スケートなど。それからノーベル賞受賞関連。社会的に困ったことは政治の混迷ぶりがさらにひどくなり、今度の選挙は入れたい人がだれもいないという状態。
(50代女性)
喜んで、そこから一気に落ちて再び起き上がって今は目標に向かって頑張ろうとしているとき。厄から抜けようとしている状態なので今は良いと言えるかもしれないが1年で見ると決して良い1年ではなかったかも。
(30代女性)
震災から少し時間がたって気持ちが落ち着き、地元の美術館へ日本画の巨匠の回顧展がきたので、絵に親しむことができた。それでも少し遠くの被災地では復興が後回しにされており、政治の混乱の中で対応の遅さを感じる。選挙の行方が気になるが、期待はできない。(40代女性)
杉ちゃんの「ワイルドだぜ。」っで励まされました。今年の春に転勤しましたので、忙しい毎日でした。さらに娘が高校、次男は中学入学が重なり何かを置き忘れた年でした。(40代女性)
虫歯治療のつもりで歯医者に行ったらインプラント治療を勧められ、治療費のためにパートを始めました。痛い出費でしたが働くきっかけになったのでまあ良しとしましょう。
(40代女性)
震災から一年がたち なんとなく落着いてきたような…でも震災にあった方は 何も変わってないような…そんな 複雑な一年だったです。東北を盛り上げよう!という企画のものに足を運ぶようになりました。 (50代女性)
良くも悪くもないので普通としたけれど、家電や家の設備などが次々壊れ新調しっぱなしの一年だった。お金はだいぶ出ていってしまったけれど、新しいものに囲まれてちょっと嬉しくもある。(40代女性)
持病で入院もしたが、日常生活に支障なく行動できるので安心。日馬富士の奉納相撲を見に並んだり東京駅リニュアルやヒカリエなど新スポットを見に行く機会も多かった。皆既日食も天候に恵まれてみることができた。五輪メダリストのパレードは見に行ったが巨人のパレードはあとでニュースで知ったので見にいけなくて残念だった。尖閣問題など気になる政治問題もあるが、まもなく明らかになる次期政権に期待したい。笹子トンネル事故について保全会社の人は今まで何十年も何をしていたのかと思う。
(60代男性)
良いことと悪いことがあったので、差し引きゼロということで普通にしました。従妹や義姉が急死し、身内の不幸が重なりましたが、自分の仕事がスッテプアップできたのはラッキーでした。社会的なニュースとしては進まない震災の復興と政治の混迷でしょうか。
(50代女性)
今年の抱負を実行でないままあっという間に過ぎた一年でした。今月になって親戚が亡くなり、改めて今できることは今しなければ、と1日の大切さを感じました。
(40代女性)
昨年の震災を思えばずっと良かったのではないかと思いますが家族や身内に大きな問題はなくても政治がひど過ぎて将来に対する希望が持てない。年末の選挙でいい方向に進むのを願うばかりです。(50代女性)
とにかく忙しい1年でした。自分とその周辺の事で精一杯で社会の出来事に関心を持つ時間がありませんでした。あったとしても、「ふ〜〜〜ん、そうなんや。」って感じでした。(60代女性)
個人的には長男が大学進学で家を出ていきました。社会的には不況が止まらず政治はめちゃくちゃになり、あんまりよいこともない1年だったと思う。今月の選挙で新しい年にむけていい政治をしてほしい。(40代女性)
今年は良くも悪くも何も無い穏やかな1年でした。昨年引っ越しをして、今年いきなり町内会の班長になったのが我が家的には大きなニュースでしょうか。発足1年目の町内会なので、色々とスムーズに進まず苦労もありますが、良い経験です。(40代女性)
今年は腰痛になって転職せざるおえなかったりして、仕事関係と私生活では良いことはあまりない一年だったけど、大病をしなかっただけでもまぁ良いのかな…と、上を見ればキリがないし、ロンドンオリンピックで燃えましたね!男子サッカーや男子体操など、面白くてとっても興奮しましまた。改めてスポーツの素晴らしさを感じましたね。すっかり男子サッカーに嵌ってしまいJリーグも見るようになってしまいました^^;(30代女性)
震災からの復興がなかなか進まず、政治も安定していないので税金ばかりが搾り取られたような気がする。しかし、家族が健康で食べる物、住むところにも困っていないので普通の年だったと思う。 (30代女性)
高橋克典さんの舞台を6回見にいけたこと、そのうち4回が最前列の中央だったことはハッピーだった。生まれて初めての手術、全身麻酔、入院を経験したのはよくなかったこと。(40代女性)
とりあえず家族の健康と仕事に恵まれた。いよいよ来春には夫婦でたリタイアなのでよく頑張った。とねぎらいたい。景気は悪く嫌な事件や事故も多く世相としては暗い暗い一年だったと思う。増税ラッシュで不安は尽きないが、とりあえず今年は凌げたかなという気がする。(60代女性)
環境のことを考えてオール電化にしました。エコキュートと太陽光発電のソーラーパネルを設置し、環境にやさしい生活をします。光熱費の節約がどれだけできるのか楽しみです。(40代女性)
仕事をやめたい思いでスタートした1年だったが、思いのほか売上が上がって営業トップの成績となり、今ではやめたい気持ちとそのままでもという気持ちが半分半分になった。(40代男性)
あまり上手ではないと思っていた息子が、意外とサッカーが上手だったということ。福山雅治のライブを見たこと。解散だの選挙だのって、国政が滞っていたこと。
(40代女性)
仕事を辞めたが、良いところを見つけることが出来たのでまずまずの年になった。中国や竹島の問題。尼崎の監禁致死事件など暗いニュースや芸能界での大きい存在だった方が亡くなられ淋しいニュースが多かった
(40代女性)
悪い一年だったと答えた人のコメント
義父の大腸ポリープが大きくなりすぎ、大きい病院に入院。そこで肺に影があることが発覚。肺がん疑いで10月に手術を予定していた9月に義母が転落し、両手首骨折で入院、手術、リハビリ。その最中に義弟が盲腸で入院。落ち着いた頃に叔父が脳梗塞で入院。…来年こそは家族一同、健康に幸せに暮らせますように…(30代女性)
主人の転職がうまくいかず、15年ぶりに自分がパートをすることになったこと。家庭の収入が大きく減ったこと。夫婦仲が悪くなり、子供にも影響していること。(30代女性)
自分自身というより自分の周りに良くないことが続いた1年でした。北朝鮮や中国、韓国など近隣アジアとの関係のことをよく新聞やテレビのニュースで見ました。同じ人間なのに考え方が違うことを思い知った感じです。
(50代女性)
年初めに父が入院し、会社を休業し、介護し、父を看取り、葬儀、納骨など家族が一人いなくなる一番つらい一年でした。(40代女性)
今年10月に高齢の姑が骨折して入院し、週末のたびに1〜2週間おきに山梨に見舞いに通っていたのだが、中央自動車道の笹子トンネルが崩落し多数の死者を出す大事故が起きてしまった。その日は見舞いに行かず家にいたのだが、自分と主人が笹子トンネルを通っている時にもありえた事故だと思うとぞっとした。(50代女性)
子供が目標にしていたことが果たせず、今後どうしてよいかわからなくなってしまった。社会的には大規模な原発反対運動が開催されていたことが印象的でした。
(50代女性)
娘の顔に怪我をさせてしまいショック。まだ消えず困っています。きれいに治ることを祈るばかり。来年は福だけ我が家に来てください
(30代女性)
書けないけれど最悪の1年でした。そのなかで、なんとか良かったことだけを大切にして、来年をよい年にしたいと思っています。(60代男性)
相も変わらず、景気が悪く一昨年より昨年、昨年より今年と一層悪くなるばかり。世間も凶悪事件ばかりが報道されてホッとできるようなできごとが何も思い出せない、ひどい一年となりました。(40代男性)
旦那の実家で旦那のご両親と同居を試み失敗。半年ほど、夫婦別居の状態になりました。別居している間、夫婦の絆が強まり良かった面もありましたが新たに引越しをしたり経済的に苦しくなり家賃を抑える必要に迫られ窮屈な住まいには日々不満が消えません。(30代女性)
取引先の親会社が変更になり、取引条件が悪くなり、業務内容も厳しくなって収入は大幅に減少。電気工事士の試験を受験し、1回で合格。(50代男性)
持病が再発し 1ヶ月半入院した。でも おかげで オリンピックは隅から隅まで見ることができた。(50代女性)
家族が病気になったりけがで入院したりと、生死にかかわるものでなかったのは幸いでしたが、心配事の多い一年でした。好きな有名人が次々に亡くなったのもとても悲しく残念でした。(桑名正博さん・藤本義一さん・中村勘三郎さん) (50代女性)
世間的には昨年の震災の復興があまりにも遅く原発も解決が進んでいないのと、日本の政治の先行きを考えると悪く感じました。会社も景気が悪く今月で3人退職となり、転職も考えますが今の世の中では難しく、来年の事を考えるとブルーです。(30代女性)
主人の再就職が決まらず経済的に苦しかったです。6月ごろやっと就職できました。雇用状態が悪いので、治安が非常に悪いです。何とかして欲しいです。社会的ニュースでは、桑名正博さんが59歳の若さで死去したのは、非常に衝撃でした。青春時代の思い出のシンガーでした。
(50代女性)
事故や事件(特に殺人絡みの)が多く、なんとなく暗い感じが漂っている一年のように思う(30代女性)
調査概要
調査対象弊社管理オピネット会員
オピネット:http://www.opi-net.com
調査期間 2012年12月7日〜12月14日
調査方法インターネット調査
回収数 2608人
調査内容(1)今年はどんな一年でしたか
(2)どんな一年だったか…印象に残っている出来事やニュースなどを教えてください。