みんな知ってるおなじみのあの商品、はたまた今話題のあの商品、オピネットで話題になった商品などなど、
注目の企業にオピネットが突撃インタビュー!

vol.168:キデイランド大阪梅田店

2017年4月1日(土)に、「キデイランド」の関西エリア旗艦店である「キデイランド大阪梅田店」が、「阪急三番街北館」にリニューアルオープンしました。
新しい店舗は、人気キャラクターが大集合した子供から大人まで楽しめるお店として新たに生まれ変わりました。
今回は新装開店した「キデイランド大阪梅田店」の魅力に迫ります。

vol.167:キッコーマン株式会社

しょうゆメーカーとしておなじみのキッコーマンさん。
実は、おそうざいの素を作っていることをご存知でしたか?
今回はキッコーマンさんの和風そうざいの素「うちのごはん」についてお話をお聞きしてきました。
また、「キッコーマンといえばおしょうゆ」と思われる方もたくさんいらっしゃると思いますが、焼肉のたれやケチャップ、ワイン、豆乳なども展開しています。これらの商品の歴史や、食育活動などについてもご紹介します。

vol.166:株式会社はくばく

みなさんの毎日の主食は何でしょう?パンですか?それとも、お米ですか?
古来、日本人は穀物を主食としていました。今、その穀類の栄養価が見直され、美容や健康に関心が高い人たちの間では、積極的に食べられています。 海外でも日本食がブームとなり、お米だけではなく、うどんや蕎麦、雑穀も食べられているようです。
今回は、「THE KOKUMOTSU COMPANY」として、健康で心豊かな食生活の提案と穀物の世界をリードされている、はくばくさんに、会社の歴史や商品へのこだわり、穀物を使ったレシピなど、お話を伺いました。

vol.165:株式会社亀の子束子西尾商店

皆さんのお家にあるたわし。そのほとんどが、亀の子束子ではないでしょうか。 実は亀の子束子が登録商標だということ、ご存知でしたか? 今回は亀の子束子を発明し、現在もたわしメーカーのリーディングカンパニーである株式会社亀の子束子西尾商店さんに伺いました。
創業のきっかけや歴史、商品へのこだわりなどのお話を伺ったほか、「たわし作り体験」もしてきました!

vol.164:サラヤ株式会社

誰もが目にしたことのある特徴的なパッケージも人気の「ヤシノミ洗剤」や自然派甘味料「ラカントS」など、多くの人気商品を製造・販売するサラヤ株式会社さん。皆さんも一度は使ったこと、目にしたことがあるのではないでしょうか。
様々な人気商品を抱える一方、多くの「日本初」を生み出してきた先進的な会社で、私達の生活に強く結びついている会社です。 サラヤ株式会社さんの歴史や商品に一貫した創業者の思い、環境への取組みなどを紹介します。

vol.163:天野実業株式会社

簡単ですぐに食べられるインスタント食品。
忙しい日常生活の中でインスタント食品を活用している人も多いのではないでしょうか。 今回はインスタント食品の中でも、お湯をかけるだけで食べられる「フリーズドライ」の製法で、バラエティ豊かな商品を展開しているアマノフーズさんにお話を伺いました。おいしさの秘密や新商品開発の裏話についてご紹介します。

vol.162:B-R サーティワン アイスクリーム

創業当初から「We make people happy.」を理念に掲げ、アイスクリームを通じてたくさんの人々に幸せをお届けしてきたB-R サーティワン アイスクリームさん。今年でアメリカ生誕70周年、日本に上陸して42年になります。 アイスクリームと言えば「バニラ」や「チョコレート」、「ストロベリー」など限られた種類しかなかった時代に、見た目もカラフルでたくさんのお菓子が詰まった新しいアイスクリームを日本に広めたのが、サーティワン アイスクリームだったのです。今回はそんなB-R サーティワン アイスクリームさんの一大キャンペーンとなっている「ワンダフルハロウィン2015」キャンペーンの他、創業のきっかけ・歴史などについてお伺いしました。

vol.161:チョーヤ梅酒株式会社

お酒をよく飲むという方にも、あまりお酒は強くないという方にも人気の「梅酒」。 ロックやソーダ割りなど様々な飲み方で愛されている、日本独自のリキュールです。今回はその「梅酒」を製造・販売しているチョーヤ梅酒株式会社さんにお話を伺ってきました。 「梅酒といえばチョーヤ」というイメージをもたれている方が多いのではないでしょうか。チョーヤ梅酒株式会社さんの歴史や、梅酒造りへの強いこだわり、これから発売を予定している新商品等についてご紹介します。

vol.160:阪急電鉄株式会社

4月から新しい学年がスタートしました。 ピカピカの大きなランドセルを背負って、張り切って登校する小学1年生がほほえましく見えます。 小学生の放課後の過ごし方に「学童保育」がありますが、聞いたことはありますか? (「学童保育」とは主に日中保護者が家庭にいない小学生児童(=学童)に対して、授業の終了後に適切な遊びや生活の場を与えて、児童の健全な育成を図る保育事業の通称です) 今回、「末永く住み続けたい」と思ってもらえる沿線・まちづくりに取り組むため、2015年4月、阪急豊中駅にアフタースクール(民間学童保育)を開業された阪急電鉄株式会社さんにお話を伺いました。 阪急電鉄さんはこの事業を起点に、子育て世帯の方々を支えるサービスを充実させて、「子育てしやすい沿線」を目指しています。

vol.159:オレンジトーキョー株式会社

2012年に誕生したルームシューズ「MERI」が今、女性を中心に国内外問わず人気を博しています。機械編みのニット地を用いた布草履。北欧をモチーフとしたデザインと抜群の履き心地で支持を広げています。 墨田区の北斎通り沿いに本社兼工房ショップ「MERIKOTI」があります。通りから制作風景が見える大きなエントランスが特徴で、商品を手にとりゆっくり選べるだけではなく、その場で体験もできる空間となっています。 今回のオピ研ではルームシューズブランド“MERI”、靴下が中心の“TUTUMU TOKYO 1948”等を展開するオレンジトーキョー株式会社さんについてご紹介します。

vol.158:株式会社 日本香堂

お線香をあげるときに、皆さんは何を想いますか?
大切な誰かを想いながら手を合わせ、心を通わせる…そんなひとときを穏やかにやさしく過ごせるようにという想いから、お線香「やさしい時間」が生まれました。
今回は、お線香の老舗である日本香堂さんへ、「やさしい時間」をはじめとするお線香や、香り製品などについてお伺いしてきました。

vol.157:Kamulier(カムリエ)

本郷の一角にあるビル。その1階に“Kamulier(カムリエ)”はあります。白を基調にした清潔感あふれるその空間は、メニューの書かれた看板も並び一見オシャレなカフェにも見えますが、よく見るとショーウィンドウに並ぶのは歯ブラシ。
ここ“Kamulier(カムリエ)”は、「口から食べ続けられるためにできること、いつまでもおいしさを楽しむ生活(Tasty Style)のためにできること」を提案する、ライフスタイルコンセプトショップ。高齢者やお口の機能が低下した方が「介護食」というくくりではなく、普通の食事を工夫し、やさしさをプラスした「噛み砕いたり飲み込んだりすることが簡単にできるおいしい食事 (=EASY FOOD)」を楽しめる生活(=Easy Tastyle)を紹介しています。
今回のオピ研では“Kamulier(カムリエ)”とプロデュース会社の株式会社ジーシーさんについてご紹介します。

vol.156:タビオ株式会社

北風や冬将軍到来などと言われる寒い時期になってきました。そんな時は靴下を重ね履きしたり、分厚いタイツを履いたりする方が多いのではないでしょうか。また、最近は雑誌などでタイツと靴下の組み合わせコーディネートが流行っていてよく見られます。
今回、流行やこの季節にぴったりな靴下専門店のタビオ株式会社さんにお話を伺いました。タビオさんは「靴下屋」「Tabio(CHAUSSETTES)」「Tabio HOMME」等のショップブランドを展開しており、「靴下屋」は今年11月で30周年を迎えられました。その周年を迎えられ、商品へのこだわりやお店づくりで力を入れている事をご紹介いたします。

vol.155:第78回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2014

面白い雑貨からオシャレなギフト商品まで広い会場に集まる“ギフト・ショー”。今回のオピ研では「第78回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2014」に行ってきました。ギフト・ショーで見つけたオピネットスタッフのオススメ商品を2回にわたってご紹介いたします。

vol.154:シヤチハタ株式会社

領収証や検印などビジネスシーンで良く目にするXスタンパー、 “シヤチハタ”の愛称でおなじみのネーム印は、皆さんもよくお使いですよね。今回はそんなネーム印の代名詞的存在“シヤチハタ”の生みの親である、シヤチハタ株式会社さんへお話を伺ってきました。シヤチハタの歴史やロングセラーのXスタンパー、また発売後瞬く間に大ヒットした「個人情報保護のり ケスペタ」、新商品の知育スタンプ「エポンテ」についてご紹介します。

vol.153:株式会社ユーグレナ

ユーグレナ(euglena)という生物をご存知でしょうか。オランダのレーウェンフック氏が発見し、 ラテン語で「美しい(eu)目(glena)」の意を込めて名付けられました。この美しい名前をもつ生物の正体こそ、誰もが小学生時代、理科の授業の顕微鏡で見たミドリムシなのです。このユーグレナ(和名:ミドリムシ)がみなさんの食を変え、そして環境問題や食料問題までも解決できるほどの可能性を秘めているというのです。そこで、2005年に設立され、ユーグレナの研究・開発・製造・販売を展開している株式会社ユーグレナさんについてご紹介します。

vol.152:株式会社キングジム「デジタル名刺整理用品」

「情報の整理と活用」をするための画期的な新商品を市場に送り出してきたキングジムさん。今でこそ、オフィスには馴染みの深い、「キングファイル」「テプラ」ですが、どちらも発売当時には市場になかった画期的な商品でした。更に2008年に発売したデジタルメモ「ポメラ」もテキスト入力に特化したシンプルな機能が共感を呼んでヒット商品になりました。その後もデジタルの力を取り入れ、現代のワーク環境に合った使いやすい“文房具”を沢山発売されています。今回は、その中でも“名刺の整理と管理”の悩みを解決する『デジタル名刺整理用品』についてお話を聞いてきました。またキングジムさんの歴史や「キングファイル」や「テプラ」などおなじみの商品についてもご紹介します。

vol.151:【国際】文具・紙製品展ISOT

あらゆる文具・紙製品、オフィス製品が一同に会する【国際】文具・紙製品展ISOT。 会場で見つけた新製品やオリジナリティあふれる商品を、3回に渡ってご紹介します。

vol.150:NKアグリ株式会社「太陽光利用型工場栽培野菜 AQUAシリーズ」

植物工場という言葉を聞いたことがありますか。デンマークにおいて1957年にスプラウトの生産をはじめたのが起源のようです。北欧では季節によっては日照時間が非常に短くなるため、補光型の植物生産が以前から行われており、これを基礎として、オランダ等の欧州各地で高度な園芸が発展してきました。日本においては、普及の歴史はまだ浅く、2009年ぐらいから、政府の推進もあり葉物を中心に生産が増えてきたそうです。今回は太陽光利用型工場で育てている野菜のシリーズ商品「AQUA(アクア)」について、ご紹介します。

vol.149:中川政七商店“花ふきん”

50年以上の歴史を持つ「グッドデザイン賞」。大型商品や技術的に新しい商品での受賞が多い中、ベスト15に贈られる金賞を受賞した“ふきん”を、皆さんご存じですか? その名も「花ふきん」。2016年に創業300年迎える中川政七商店さんの、ベストセラー商品です。奈良の伝統工芸、奈良晒(ざらし)の老舗である中川政七商店さんでは、「日本の工芸を元気にする!」をビジョンに、現代の生活を彩る様々な商品・ブランドを展開しています。今回は「花ふきん」の開発秘話とともに、中川政七商店さんが誇る6つのブランドの魅力を探るべく、「遊 中川 奈良本店」にお伺いしました!

vol.148:株式会社マルアイ

古くから日本の冠婚葬祭と共に受け継がれてきた『金封』。最近では“のし”や“水引き”を華やかにアレンジしたものが沢山販売されていますよね。今回は、日本で一番多くの金封を作っている株式会社マルアイさんに伝統を大事にしながらも、時代とともに変わってきた『金封』について、また以前「【国際】文具・紙製品展ISOT」特集でもご紹介した働く女性のための『Kalis』、ドットを活用して機能とデザインを追求した『on the dot』についてもお話しを聞いてきました。

vol.147:ピップ株式会社

ピップエレキバンやマグネループでおなじみのピップ株式会社さんから、女性向けに開発された「磁気のブラストラップ」が4月に発売されたのはご存じですか?オピネットでは、以前、柏木きなこさんの「モノのある生活」で掲載し、密かにオピネットスタッフの中でも話題になっていました。そこで今回は、販売元のピップ株式会社さんに開発秘話を聞きに行ってきました。
『美脚になりたい!』という想いは女性の多くが抱いたことがあると思います。そんな女性のために誕生し、ロングセラーとなった『スリムウォーク』シリーズ。今回は引き続きピップ株式会社さんに『スリムウォーク』シリーズと『スリムウォーク』シリーズから昨年発売されて話題になった 『くつろぎ時間のスリムウォーク 足指セラピー』についてお伺いしました。

vol.146:【国際】文具・紙製品展ISOT(1)

あらゆる文具・紙製品、オフィス製品が一同に会する【国際】文具・紙製品展ISOT。
今回のオピ研ではISOT、及び同時開催していた雑貨・小物の展示会GIFTEXワールド2013に行ってきました!
会場で見つけた新製品やオリジナリティあふれる商品を、2回に渡ってご紹介します。

vol.145:フジッコ株式会社

夏も近づき日差しの強い日が続くようになってきました。
そんな時は冷たいゼリーやヨーグルトで身体を涼しくしてみませんか。
今回、フルーツセラピーカスピ海ヨーグルトでヒット商品を生み出しているフジッコ(株)さんにお話を伺いました。フジッコさんと言えば昆布と豆で有名ですが、デザート事業を始めた理由やヒット商品の裏側をご紹介いたします。

vol.144:濱文様-はまもんよう-

和風雑貨のオリジナルブランド『濱文様(はまもんよう)』は、独自の遊び心を大切に現代風にアレンジした「てぬぐい」を作っています。なかでも「てぬぐい」を本のように折りたたみ、綴じ紐でとじた「てぬぐい本」はグッドデザイン賞を受賞した人気商品です。今回は濱文様 二子玉川店にお伺いして濱文様の歴史や、人気商品、てぬぐい・風呂敷の使い方について お伺いしてきました!

vol.143:キュービーネット株式会社 「QBハウス」「キャトルボーテ」「IKKA」「FaSS」

皆さんは1,000円カットを利用したことはありますか?
現在、年間1500万人の利用者がいる「QBハウス」
そのQBハウスを運営するキュービーネット株式会社さんにお話をお聞きしました。
また、QBハウスの他に店舗デザインやコンセプトを変化させたヘアカット専門店「キャトルボーテ」、「IKKA」、「FaSS」についてもご紹介します。

vol.142 株式会社アテックス 「ルルドマッサージクッション」

「ルルド マッサージクッション」は、コンパクトで可愛い見た目とは裏腹に高いマッサージ機能で発売以来、1年で100万台突破、現在は400万台を売り上げる大ヒット商品となっています。
このマッサージ機をクッションに入れるという全く新しい商品を生み出した株式会社アテックスさんに「ルルド マッサージクッション」の開発秘話や多くのお客様に愛される秘訣をお聞きしました。

vol.141 リベルタ 「ベビーフット」

ガサガサやひび割れ…足裏の悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。そんな方の救世主として話題の"ベビーフット"。浸すだけで自然に足裏の古い角質が剥けて、赤ちゃんのような柔らかい足になれる"ベビーフット"を使用して実際に足裏の角質が剥けていく様子は、まさに"衝撃"です。
そしてその変化の衝撃度を競い合う"足裏ズルむけコンテスト"は第8回目を迎えます。今回はリベルタさんに開発秘話から"足裏ズルむけコンテスト"まで"ベビーフット"についてお話を伺ってきました!

vol.140 小林製薬株式会社 「トイレその後に 香りに変身」

毎日の暮らしで「臭い」は気になりますよね。生活臭、トイレの臭い、タバコの臭い、ペットの臭いなど…あげるとキリがありません!!そんな臭いを解決してくれるのは、芳香消臭剤!今回は「“あったらいいな”をカタチにする」がコーポレートスローガンの小林製薬株式会社さんから芳香消臭剤の「トイレその後に」の画期的な新商品が発売されたということでお話を聞かせて頂きました。

vol.139 第73回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2012

面白い雑貨からオシャレなギフト商品まで広い会場に集まる“ギフト・ショー”。
今回のオピ研では第73回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2012』に行ってきました。
ギフト・ショーで見つけたオピネットスタッフのオススメ商品を2回にわたってご紹介いたします。

vol.138 Happy Valentine 2012

2月14日は乙女の祭典バレンタイン!バレンタインに向けて、夢見る乙女に限定アイテムやオススメアイテムをご紹介します。

vol.137 くまのがっこう&ジャッキーズマルシェ

絵本の発売から10周年を迎え、親子をはじめ若い女性に高く支持されている「くまのがっこう」。2002年に第1作「くまのがっこう」が発売されて以降続編が刊行され、シリーズ累計170W万部突破の大人気シリーズ絵本です。
10周年を迎える2012年の1月には記念のイベントも。今回はそのイベントの様子を交えながら、「くまのがっこう」の魅力に迫ります。

vol.136 永谷園生姜部 しょうがスイーツ

2007年に発足した『永谷園生姜部』、生姜について学び、その魅力を広く発信していくことを目的に、永谷園さんの社内組織の部活動として発足しました!
その『永谷園生姜部』監修のスイーツレシピ本「永谷園生姜部のしょうがスイーツ」が発売され、その発売発表会にお邪魔してきました!
その様子をレポートしたいと思います。

vol.135 カメラのキタムラ[株式会社キタムラ] 「フォト本」

柔らかい質感に、帯もついてまるで文庫本のような写真集がつくれるフォトブックサービス『フォト本』
柏木きなこさんもオピ日記で紹介してくれた『フォト本』、また従来のフォトブックサービスや、写真プリントについて「カメラのキタムラ」さんにお話を伺ってきました!

vol.134 ライオン株式会社 「部屋干しトップ」

台風や秋の長雨で、お部屋の中で洗濯を干すことも多い季節となりました。部屋干しをすると気になるのが、洗濯物のニオイ。
今回は、そんな部屋干しのお困りごとを解決してくれる「部屋干しトップ」をはじめ、部屋で洗濯物を干すときのコツを伺ってきました!また、ところかわれば洗濯スタイルも変わる!?海外の洗濯事情などについてもご紹介します。

vol.133 ニチバン株式会社「直線美(R)」「tenori(R)」

前回のオピ研「【国際】文具・紙製品展ISOT」で紹介しました、切り口がまっすぐのテープカッター「直線美(R)」と塗りたい位置からぴったり塗れるテープのり「tenori(R)」
今回のオピ研では、これらの画期的な商品の開発秘話を、「セロテープ(R)」で知られるニチバンさんに伺ってきました!

vol.132 【国際】文具・紙製品展ISOT

あらゆる文具・紙製品、オフィス製品が一同に会する【国際】文具・紙製品展ISOT。今回のオピ研ではISOTに行ってきました!

vol.131 株式会社にんべん

鰹節の老舗として私達の生活を支えている株式会社にんべんさん。昨年秋に日本橋の中心にできた商業施設COREDO室町に、 ”日本橋だし場(NIHONBASHI DASHI BAR)”をオープン。ここでは「極上のかつお節だし」をいただける場として話題になっています。
日本橋だし場”のお話を始め、日本人と身近にある鰹節の奥深さについてご紹介します。

vol.130 株式会社セキグチ「モンチッチ」

1974年の誕生以来、世界的な大ヒット商品となった「モンチッチ」。今回は、"モンチッチ"の開発〜製造販売までを行っている「株式会社セキグチ」さんにお話を聞いてきました。
モンチッチの開発秘話や「モンチッチってそんなことをしているの?」というびっくりエピソードが盛りだくさんです。

vol.128 第35回2011日本ホビーショー

手芸やハンドクラフトのアイテムが集う日本最大の手づくりホビーフェア「日本ホビーショー」。
今回のオピ研では「第35回2011日本ホビーショー」に行ってきました。ホビーショーで体験してきたワークショップ&商品を2回にわたってご紹介いたします。

vol.127 カラダファクトリー

いつからか、街中でマッサージ店や整体店を見かけることが多くなったと思いませんか?マッサージと整体の違いって何だと思いますか?
今回は、日本で最も規模が大きくかつ台湾など本場にまで出店されている整体サロン「カラダファクトリー」を運営するファクトリージャパングループさんにお話を伺いに行ってきました。何となく「整体はこわそう」と思っている方や、「マッサージと同じでは?」と思っている方必読です。
ちょっと試してみたくなるかもしれませんよ?!

vol.126 ルナルナ

「女性にやさしい」を謳ったサービスは多いですが、ルナルナほど「女性の役に立つ」サービスは珍しいのではないでしょうか。
不思議かわいいうさぎのCMをご覧になった方も多いかと思いますが、今回は200万人もの女性に毎月必ず利用されている携帯健康情報サイト『ルナルナ』を運営しているエムティーアイさんにお話を聞きました。

vol.125 第71回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2011

面白い雑貨からオシャレなギフト商品まで広い会場に集まる“ギフト・ショー”。今回のオピ研では『第71回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2011』に行ってきました。ギフト・ショーで見つけたオピスタッフのオススメ商品を2回にわたってご紹介いたします。

vol.124 ワコール「CW-X」

今、健康やダイエット、気分転換にといった理由で、ランニングをする人が増えています。現在、ランナーの多くが、スポーツ用タイツを着用、そのなかでも「CW-X」は、主要市民マラソン大会において、スポーツタイツ着用者の約半数が着用しているとも言われています。実はこれ、下着メーカーのワコールさんの商品だということをご存知だったでしょうか。
なぜワコールさんが、「CW-X」を開発・販売するにいたったのか、その秘密を聞いてきました!!

vol.123 メガネのプリンス

「せっかく買ったけど、なんとなく似合っているのか分からない」「本当はもっと違う形が似合うんじゃないかな」「もう少し顔が小さく見せられたらなぁ」近視用、オシャレ用、サングラス…メガネを選んだことがある人なら思ったことがあるのではないでしょうか?
『自分にピッタリ似合うメガネが見つからない!!』そんな悩みを一緒に解決してくれる『似合うメガネ選びのエキスパート』がいると聞き、北海道にある「メガネのプリンス」さんにおじゃましてきました。

vol.123 トミカショップ大阪店

2010年11月26日(金)に「トミカ」の直営専門店「トミカショップ大阪店」が大丸梅田店にリニューアルオープンいたしました!
発売40周年を迎えるトミカは長い間、子供から大人まで愛され続けています。今回はそんな親子で楽しめる「トミカショップ大阪店」の魅力に迫ります。

vol.122:ドール

自動販売機で買えるものって、皆さん何を思い浮かべますか?ジュース、アイスクリーム、タバコなど、様々なものが思い浮かぶと思いますが、何と最近では、バナナも買えてしまう、ってご存じでしたか?!
この驚きの「バナナの自動販売機」の仕掛け人は、生鮮果実・野菜の生産、加工、販売、マーケティング活動などを手がける「株式会社ドール」さんです。今回は「バナナの自動販売機」導入までのストーリーやその仕組み、バナナにまつわる楽しいお話を聞いてきましたので、ご紹介します!

vol.121:キデイランド

都内有数のサブカルチャーの街として知られ、 「住みたい街ランキング」で度々全国第一位に選出されている吉祥寺。その吉祥寺に、全109ものショップが集う大型商業施設「コピス吉祥寺」がオープンしました。
そのA棟6Fにオープンしたのが、先日オピ研で紹介した『カピバラさんキュルッとショップ』など、人気キャラクターの専門ショップが勢ぞろいしている、キデイランドがプロデュースする『キャラパーク吉祥寺』。今回は、その内覧会のセレモニーに行って参りました。

vol.120:LUSHクリスマスワールドツアー

2010年LUSHクリスマス商品発表会のテーマは「LUSHクリスマスワールドツアー」。世界のクリスマス文化や冬の過ごし方にインスパイアされた数多くの商品を、クリスマスというテーマに合わせてその国のクリスマスの習慣と共に紹介していました。世界各国のクリスマスが楽しめる、LUSHの冬の新アイテムを紹介します。

vol.119:ダッドウェイ

今回オピ研で訪れた「ダッドウェイ」さんは、お父さんの子育てをおもしろ楽しくしたい!をコンセプトに、育児商品を数多く発売しているベビー、ペットグッズ専門店。"お父さんに人気の子育てグッズ"とは一体どんなものなのか、近年で、子育ての意識はどう変わってきたのか?お話を聞いて参りました。

vol.118:スリーコインズ

今回オピ研で訪れたスリーコインズさんは、「えっ!こんなかわいい商品が300円?!」と、びっくりするようなおしゃれでかわいい食器や生活雑貨、ちょっとしたインテリア、靴下やアクセサリーなどのアパレル雑貨が揃う300円均一ショップ。一体なぜ「300円」なのか?商品選びの基準とは?お話を聞いてきました。

vol.117:本田技研工業「ピアンタ」

今回オピ研で訪れたのは、カセットガスを動力源としたエンジンで動くミニ耕うん機「ピアンタ」で、ミニ耕うん機を一気に身近なものとしたHONDAさん。オートバイや車、F1のイメージが強いHONDAさんですが、実は50年以上も、耕うん機を作り続けているのだそうです。一体なぜ「ピアンタ」は生まれたのか?HONDAさんの意外(?)な一面とは?お話を聞いてきました。

vol.116:渋谷ロフト「mama tomo!」

身近にいすぎるからこそなかなか伝えられないお母さんへの「ありがとう」の気持ちを、母の日に伝えてみませんか?というわけで、今回のオピ研では、母の日特集として、 渋谷ロフトさんにお伺いし、おすすめの母の日ギフトを紹介してもらいました!「カーネーションだけでは味気ないし、何かあげたいけど…」とお悩み中の方、ぜひご参考にしてください♪

vol.115:フェリシモ「kraso」

普段商品を使っていて、「ここをこうすればいいのに…」 「こんな商品があればいいのになぁ」そんな風に思うことはありませんか?でも、実際にその希望を伝えられる、叶えられる機会はなかなかありませんよね。今回のオピ研では、通信販売会社のフェリシモさんにお伺いし、総合雑貨カタログ「kraso(クラソ)」についてお話を聞いてきました。

vol.114:お花見お花見楽しいな♪2010

春、喜びの春。今年もお花見の季節が近づいてきましたね。皆さんはどこかへ行く予定はありますか?今回のオピ研では、春の特別編として、お花見に関するユニークなアイテムやサービスをご紹介します!

vol.113:桃屋「辛そうで辛くない少し辛いラー油」

具材たっぷりで、餃子はもちろん、豆腐やサラダ、果てはご飯にかけても、そのまま食べてもOK!!…そんなラー油が、今世間を賑わせているのをご存知ですか?そのラー油の名は「辛そうで辛くない少し辛いラー油」。ブログやSNS、掲示板等で話題となり、2009年8月発売と、間もないにもかかわらず、日本食糧新聞社の「第28回 優秀ヒット賞」などを受賞。今、注目度ナンバー1のこの商品。さて、一体その人気の秘密は何なのでしょうか?

vol.112:@cosme store

今回、オピ研で訪れたのは、「@cosme」から生まれた化粧品専門店「@cosme store」さん。「@cosme」での人気商品を購入することができたり、 店内にいながら「@cosme」のクチコミを見ることが出来たりと、WEBサイト発ならではのユニークな特徴があるのだとか…。さて、なぜ、クチコミサイトの「@cosme」からお店が生まれたのでしょうか?インターネット上と、リアル店舗でのお客さんの違いとは?お話を聞いて参りました!

2009 年

2008 年

2007 年

2006 年

2005 年

2004 年

2003 年

ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート
このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2016 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved