みんな知ってるおなじみのあの商品、はたまた今話題のあの商品、
オピネットで話題になった商品などなど、注目の企業にオピネットが突撃インタビュー!
>>オピ研 バックナンバー

vol.166:株式会社はくばく(4)〜大麦以外の商品のご紹介〜 2017.01.12

御社は大麦以外にも、多くの商品がありますよね。

はい。まず、麦茶をご紹介します。外国産の大麦のほうが値段は安いと思いますが、煮出したり、水で飲むものなので、やはり安心・安全ということで、国内産にこだわって作っています。
こちらは、「丸粒麦茶」といいます。麦茶というと徳用で大きいものもありますが、こだわった、麦メーカーならではの麦茶ということで、ワンランク上の上質な味をお客様に提供したいということで、作りました。「昔の麦茶みたい」と言われ、特にシニアの方にご好評いただいています。丸い粒が袋に入っていて、そちらを煮出していただく手間がかかるのですが、味わい深い麦茶となっています。

水出しの麦茶もありますか?

はい、こちらになります。「丸粒麦茶」と同じような形態で水出しのものとなります。粒のものと粉砕した大麦が混ざっていて、味わい深い香り高い麦茶になっています。焙煎の仕方にこだわりあり、低温で焼いたものと高温で焼いたものを混ぜて麦茶にしているのが特徴です。低温と高温をどのくらい混ぜるか、何分焼くか、何度が良いかなどは、何度も試作を繰り返して作りました。

さすがこだわっていますね。他には何がありますか?

他に、乾麺があります。弊社は、もともと製粉事業も手がけていて、粉を会社で挽き、自社粉で自社乾麺工場で一貫して作っていました。弊社は健康という軸がひとつあるので、他のメーカーさんとは違った視点で、塩分が入っていない麺や大麦の粉を使ったうどんなどを作っています。
自社製粉していた技術もあるので、機械だけど手延べのように美味しい麺ということで、そうめんや、ひやむぎも作っています。最近は、離乳食にも使えるベビー麺も作っていて、こちらが好評です。
他に、有機栽培の小麦にこだわった有機麺を海外でも販売していたり、国内産にこだわった小麦粉やたこ焼き粉、大麦を使ったパン用の粉もあります。

御社は、蕎麦も作られていますよね。

はい、こちらの「木曽路」になります。長野の木曽に、そば専門工場を建て、別会社として設立して販売しています。山梨の会社が「そば、そば」といっても、お客様には響かないと思い、長野の自然の中にしっかりと工場を建てました。標高も1,100メートル、御嶽山のふもとにあります。水がすごくきれいで、そばの決めては水ということもあり、そこにしました。
こちらは今、『年末ジャンボが当たって、億万長者になれるかも?!』という「億万長者キャンペーン」を実施しています。昨年、「運が跳ねるキャンペーン」というのを実施していました。そばが跳ねるような食感が木曽路の特徴なので、「はねる」と「ハレ」をかけてキャンペーンを実施し好評だったので、今年は引き続き、億万長者キャンペーンを実施しています。

■キャンペーンの詳細はこちら→http://www.hakubaku.co.jp/tanoshimu/campaign/details/63/

たくさんの商品がありますが、大麦以外で、御社で一番人気のある商品は何でしょうか。

はい、それはこちらの「おいしさ味わう十六穀ごはん」になります。うちのナンバーワンブランドで、一番パーフェクトです。日本雑穀アワードで金賞もいただき、こちらの商品は殿堂入りしています。
豆が嫌いな人のために、まめなしタイプの雑穀ご飯もあります。
大麦と雑穀は、購入されている方が全然違います。大麦は、明らかに健康を意識されている方。
雑穀も、健康は意識しているのですが、一番は美味しいからという理由で食べている方が多いです。雑穀は、色んな食感とうまみなど、様々なものが組み合わさって、最終的に「美味しい」と感じられるようになっています。

最後に皆様へメッセージをお願いします。

我々は、今すごく大麦を推していて、色んなところで色んな方と関わりながら、お客様にそれを伝えさせていただいています。大麦自体、世界的にエビデンスがあり、健康効果、機能が認められているものです。
それを「いかに美味しく、お客様に、安心・安全で届けられるか」ということを、常に気にしながら、いろいろな角度からお客様に届けていきたいと思っています。
ぜひ、麦ご飯を食べていただければと思います。

お話をお聞かせいただき、ありがとうございました!
美味しく食べて、健康にもなれる。こんなに良いことはないと思いました。

◆この記事の感想や企業へのメッセージはこちらから◆
>>オピ研 バックナンバー
ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート
このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2016 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved