みんな知ってるおなじみのあの商品、はたまた今話題のあの商品、オピネットで話題になった商品
などなど、注目の企業にオピネットが突撃インタビュー!
>>バックナンバー
vol.143:キュービーネット(3)〜“QBハウス”のおもてなし〜 2012.10.19
QBハウスでは、どのようなスタイリストさんが働いていますか?
QBハウスで働くスタイリスト
 
江藤
理容師や美容師として10年以上働いていた、経験豊富なスタイリストが多いです。
(経験豊富とはいえ、ヘアカット専門店ならではの技術やスピード感に圧倒され、慣れるまでの一週間位は大変!との声もあります。)

これまでは、即戦力となるカット経験豊富なスタイリストを中心に採用してきましたが、今年9月からは、「QBハウスで働きたい!でもカット経験がほとんどない。」という若手スタイリストを、これまで以上に積極的に採用しています。

アシスタント経験しかない20歳・30歳代の若手スタイリストを採用し、店舗に併設した研修室で、約半年間みっちり研修を行い、接客やカット技術の基礎の基礎から、お客様ご要望のヘアスタイルにカットできるようになるまで、とことん育成します!
カット未経験でも、研修を受けることで、安心して働けますね。
カット経験の豊富なスタイリストさん向けの研修もありますか?
江藤
サービスレベルの更なる向上を目指し、カット技術と接客のレベルアップ研修に力を入れています。

10分という短い時間でスタイルを仕上げるためには、カット技術がとても重要ですが、高い技術力だけでは、お客様にご満足いただけませんし、気持ちの良いサービスでなければ、「髪を切るなら次回もQBハウスで!」とは思っていただけません。

そこで、技術研修接客研修において、スタイリストのレベルに応じた研修を実施し、レベルアップを図っています。
具体的には、どのような研修を行われているのですか?
江藤
例えば、カウンセリングやオーダーの取り方についての研修があります。

QBハウスは、カットのみのワンメニューで、一般の理美容室がカウンセリングに使用するスタイルブックがありません。 そこで、短い時間でお客様のニーズをいかに把握するか がとても重要になります。

「二者択一」の質問形式でカウンセリングをすることにより、お客様がYes・Noで即答でき、同時に、お客様のご要望がスタイリストに的確に伝わります。
どのようにして具体的かつ分かりやすい質問をするのか・どこに注意して質問をするのか、実例を基に学びます。

このように、カウンセリング一つにしても、一般の理美容室とは異なる技術が必要です。

とはいえ、ヘアカット専門店ならではの技術やコツは、周りのスタイリストを見て学び、カット経験があれば、時間はかかりますが、研修を受講しなくても「何となくできる」ようになります。
が、この「何となくできる」からのレベルアップは、本人の努力だけではかなり大変です。

そこで役に立つのが、技術研修です。
カウンセリングからソフトモヒカン(スタイル)に至るまでの、基礎から応用までの理論を学ぶことは、10分でカットするためには非常に重要で、理論に基づく技術を身に付けることができると、技術レベルが格段にアップします。

手抜きではなく、 回り道をせず お客様のご要望に いかに最短距離でたどり着くか、それが、QBハウスが最も大切にしている“時間の価値”につながります。
 
研修風景
なるほど。理論に基づく技術あってこそ、10分でカットが可能なんですね。
ところで、QBハウスは海外にも展開していますが、海外での研修はどのように行っているのですか?
シンガポールでの研修風景
(中央が日本人トレーナー、
受講生はシンガポールのスタッフです)
 
江藤
海外でも、日本と同じレベルのサービスを目指し、各国に日本人トレーナーを赴任させ、現地で研修を行っています。
海外で特に力を入れているのは、「おもてなし」の接客です。

まずは、QBハウスは、理美容業である前にサービス業であるということ、そしてサービス業としての“おもてなし”の価値観を共有することから始まり、挨拶の仕方や、笑顔で丁寧な接客、そして日本のレベルの高いカット技術について、日本人トレーナーが、言葉の壁に苦労しながらも、身振り手振りを交えて現地のスタイリストに、何度も繰り返し伝えていきます。
海外でも、日本と同じQBハウスのサービスが受けられるのですね!
それでは、最後に今後の展開についてお聞かせ下さい。
江藤
短時間・低価格の類似店も増える中、他店との差別化をより明確にするため、“サービスの質”を向上させながら、お客様に一層ご満足いただけるQBハウスに進化し続けます。

そして、年代・男女を問わず、それぞれの国や地域で”なくてはならない必要なブランド”の1つになることを目指し、これからも多くの国や地域に積極的に出店していきたいと思っています。
次は、キャトルボーテとFaSSについてのお話をお届けします!お楽しみに。



キュービーネット株式会社

QBハウス



vol.143:QBハウス(4)
キュービーネット(1)〜ヘアカット専門店“QBハウス”って?〜
キュービーネット(2)〜“QBハウス”独自の店内システム〜
キュービーネット(3)〜“QBハウス”のおもてなし〜
キュービーネット(4)〜「キャトルボーテ」「FaSS」〜
キュービーネット(5)〜「IKKA」〜

>>オピ研 バックナンバー
ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート

このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2016 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved