オピネットユーザーの綴る生活コラム。生活を楽しむためのレシピが満載です!
第4回目の今回は、“旅の思い出”をテーマにお送りします♪

vol.004:オピコラム 旅の思い出 2015.08.10

大好きな沖縄!!

カレンダー通りの休みではない私が幸運にもGW中に取れた4連休!!
これを目一杯使って遊ぶしかない。
元々休みの旦那さまと大好きな沖縄県へ。
石垣島からフェリーで更に離島へ。八重山諸島の島。
週間天気予報では毎日曇予報、早ければ梅雨入りの予報にドキドキしながら滞在するも梅雨入りは愚か、雨も降らずの天気にも恵まれた。
宿泊先の民宿で、他のお客さんが釣ってきた魚をオリオンビールと頂く。新鮮さに感動。
私達は巻貝をとりに行き、晩のビールの晩酌タイムで食す。
結局オリオンビールにあうものを選んで揃えている私達…(笑)
沖縄県ではいちゃりばちょーでーと言う方言がある。一度会ったら兄弟だ。
旅行先の開放感もあるが、自分も沖縄で会う島人、観光客関係なく、そんな気分になるのが不思議。
その気分を味わいたくて旅する為に日常生活を頑張ります!
泡盛(40代/女性)
好きなもの/自己PR:遊びにも仕事にも全力投球な夫婦2人で楽しく暮らしています。どうせやるなら楽しくやりたい。と思いながら何事にも取り組んでいます。夫婦で趣味が同じで、ボートを所有してするバス釣り、ジョギング、年2回の沖縄旅行、グルメ巡りなどアウトドア派です。

軽井沢でお買物とおいしいものあれこれ

今年の春直前、軽井沢へドライブ旅行に行ってきました。まだ所々に雪も残っており、念のためと持っていったコートとマフラーが役に立つくらいでした。
今回の旅の第一の目的は、アウトレットです。こちらは数々の高級ブランドから、カジュアルブランドまで、とにかく店舗数が多いので楽しめます。敷地も広大で、とにかく広く、開放感があります。その分、全てのお店を回るのは時間的にもなかなか難しいので、予め自分の周りたいお店を絞っておくと、効率的に回れるように思います。
服やチョコをいくつか購入した後は、第二のお楽しみ、おいしいものを探しに行きました。
定番のおやき、野沢菜はもちろん、ナスもおいしくいただきました。「焼き」と「蒸し」があり、生地の食感もそれぞれ楽しめます。
軽井沢は有名なおいしいパン屋さんもあるので、何店舗か寄りました。売り切れ次第終了してしまうお店もありますし、品揃えを考えると、早い時間に行かれた方がよさそうです。
そして、軽井沢と言えばジャムです。ジャムを扱っているお店もいくつもありますし、とにかく種類が多いです。「レモンバター」が人気とのことで購入しました。その他のお土産には、野沢菜、お蕎麦、地ビール等、あれこれ買いこみました。
夜には温泉も楽しみ、お買物に、食にと、とても充実した旅でした。
tomoco(40代/女性)
好きなもの/自己PR: 新商品や新しいスポット、話題になっているものに興味をもっております。なかでも、スイーツやパンが大好きで、あれこれ試して楽しんでいます。美容についてや家事についても、関心があり、情報収集をしています。

江の島で、しらすを堪能

以前から、初夏の江の島で生しらすを食べたいと思っていたんです。
でも週末は人が多くて行列に並ぶ勇気がなくて。。
江の島のしらす漁も3月に解禁していたのを知っていたので、 旧友が遊びに上京したタイミングで、平日に有給を取って念願の江の島へ出かけてきました!

お昼の時間を少しずらして江の島に到着したのですが、 やはり有名なお店は平日でも60分待ちオーバー。。
とにかく生しらすが食べたかった私たちは、生しらすを食べられるお店を探して入る事にしました。

6月下旬に入るぐらいだったので、テラス席でも海風が心地よく感じられました。
まずは江の島の海岸を眺めながら、ビールで乾杯。
お天気は薄曇りだったので、眩しさもなく海を見渡す事が出来ました。
日常生活でこんなに海を身近に感じる事はないので、 たとえ電車で1時間もかからず到着する江の島でも、すっかり旅行気分になれるものです。
生しらすを食べるのが目的だったのですが、いざ注文しようとすると釜揚げしらすも気になる・・・という事で、 3色丼を頼むことにしました。
生しらすも釜揚げしらすも、どちらも美味しい!!(もちろんネギトロも美味しかったですが。)
頼んでよかった〜。
ビールのお供に、しらすのかき揚げも注文したのですが、予想以上の大きさにびっくりしました。
女子2人でも少し残してしまうぐらいのボリューム。
これでもか!というぐらい、かき揚げにもしらすが入り、 かき揚げの上にも釜揚げしらすが乗っていて、しらすを堪能できた江の島旅でした。
もちこ(30代/女性)
好きなもの/自己PR:お酒を飲むことが好きで、日々どんな晩酌をしようかと考えながら晩ご飯の献立を考えてる主婦です。 海外旅行が大好きで、1年1海外を目標に仕事も頑張っています。

昇仙峡でマイナスイオン浴!

お墓参りの帰り道に、小さい頃よく訪れていた昇仙峡に行ってきました。
ここには様々な形にちなんだ石があり、秋には紅葉狩りでも知られる有名な観光名所です。
天然石も有名で、売店にはたくさんの天然石が並んでいました。 小さい頃は色んな色の石がもの珍しくて、時間を忘れてお土産を選んでいた記憶があります。 今回は天然石集め・・ではなく、マイナスイオン浴を目的に来訪しました。7月とは思えない涼しさは、標高の高さだけではないように感じます。
規模的には決して大きいとは言えない仙娥滝(せんがたき)ですが、 遊歩道からの距離がとても近いので、天然のミストが降り注いでいるようでした。 日影はさらに涼しく感じられます!

もう少し川沿いに下っていくと、洞窟のようなに天井が覆われている道があり、 そこを抜けて昇仙橋を渡ります。 この洞窟のような道、壁面の石がしっとりしているんです。 山肌を流れてくる雨水なのか、じんわり湿っている感じが日本的だなと思いました。

その先に有名な「石門」と呼ばれる大きな花崗岩で囲まれた道を通ります。 何だか石が大きくて、その先に見える景色が切り取られているように見えて新鮮でした。
この石門、上からの石を支える石と覆いかぶさっている石が支えあっているように見えるのですが、 実は先端がわずかに離れているそう。自然の力ってすごい!

入り口近くだけのご紹介だけですが、たまには自然のものしかない場所に行くのも良いなーと
思った初夏の思い出です。

ゆう(30代/女性)
好きなもの/自己PR:週末ドライブが最近のマイブームです。 スーパー銭湯めぐりも好きで、家族でよく出かけます。
国内のパワースポット探しに興味があります。
ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート
このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2016 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved