オピネットユーザーの綴る生活コラム。生活を楽しむためのレシピが満載です!
第一回目の今回は、“お花見を楽しむ”をテーマにお送りします♪

vol.001:オピコラム 日本の四季を楽しむ〜春…お花見編 2015.04.01

車に乗りながら……

我が家の近くに桜並木の続く、土手沿いの道路があります。いつもはただ何気なく通っている通勤路ですが、この時期だけは違います。
何メートルにも及ぶ桜の木が延々と続くので、通勤しながら花見を楽しむことができます。
そんな中、考えることは皆同じで、仕事が休みの日でも日中は道路が渋滞状態です。必要でこの道を通る人だけでなく、車に乗りながら花見をするためにわざわざ通る人が多いのです。信号が一つだけありますが、待ち時間が長いのでコーヒーを片手に車に乗りながら花見をするのが、私流のお花見です。

はるかかなた(20代/女性)
BLOG:http://hono7bono7zukin.blog.fc2.com/

かわいい子供たちの笑顔と笑い声がなによりのご馳走♪

過ごしやすい季節がきたなと思うと、もう桜がキレイに咲きだしていますね。

つい昨日見た時はつぼみだったのに、今日はもう開いていてかわいいお顔を魅せてくれていますよね。

さて、私自身のお花見の楽しみ方なのですが、小さい子供がいますのでその子供とお友達とお弁当持参でピクニックすることです。

おいしいお弁当とキレイな桜とかわいい子供たちの笑顔と笑い声さえあればこんなご馳走はないと思っています笑

子供たちはお弁当をお口いっぱいに頬張りながら、落ちてきた桜を拾い集めてお花屋さんごっこをしてみたり、花びらの数を数えてみたりと心が和む風景を見せてくれますよ。

今しかないこの季節を自分なりに楽しんでいきたいですね♪

わか(30代/女性)
BLOG:http://aoi0927.blog73.fc2.com/

自撮り棒と桜

東京の桜の満開宣言が出たので、今年も私は地元の墨田公園に行き、電車に乗って上野恩賜公園へ。
いうなれば桜の名所のはしごをするわけだが、桜を楽しむ人の中には「自撮り棒」で桜と自分を写す人もちらほら。
アメリカのTIME誌では、アップルウォッチや3Dプリンターと並び2014年の発明品ベスト25に選出されるほど世界でも人気が出ているらしく、SNSを見ると多くの友達が「桜と私」という題名になりそうな写真を掲載していました。
最近の自撮りの写真はプロ顔負けの物もあったり、写真だけでなく動画を撮っていたりと、実際に自分も出かけたかのような気分になれる。来年からはSNSだけで桜の名所をはしごしようかと思えるほど。
専門家が言うには自撮りは自分自身をメディアとする新たなビジネスの流れとなり、これまで大手メディアが独占してきたエンターテインメント市場を大きく変える可能性を秘めるとのこと。私も自撮りデビューを考えましたが、まずは恥ずかしさを捨てることから。

情熱の男 (20代/男性)

人工的にライトアップされた夜桜の美しさを楽しむ

皆さんはお花見の楽しみ方ってどう思われますか?

私は、お花見の楽しみ方 って、すごくコツがあると思っているんです。

やっぱり、お花見の楽しみ方って、場所選びと仲間の顔ぶれが大切と思うんです。

そんなお花見の楽しみ方に関して、オススメの情報を紹介します。

お花見には、やり方、場所選びの観点などから言って、いろいろな楽しみ方があるんです。その代表的なものに夜桜があって、私の近所には造幣局の桜の通り抜けってあるんです。。昔は、夜桜と言えば、うっすらと照らす月明かりなどに照らされ、夜の闇の中で薄っすらと浮かび上がる美しさを愛でるものでしたが、最近では、人工的にライトアップすることで、また違った美しさを鑑賞できるようにもなっているんです

夜店もいっぱい出ていて、それは楽しいんです。

毎年、職場の友人と一緒に出かけているんですが、今年も行こうと思っています。

bbhashimoto(50代/男性)
BLOG:http://yaplog.jp/bbhashimoto/

気持ちいい仲間と、キレイなお花見と、美味しい食事。サイコーです!

私が主催しているグルメの食べ歩きコミュでは、毎年、お花見を30人から40人の規模で行います。グルメな仲間が集まっているので、持ち寄る食材も、おもしろく、レタス、トマト、まるごとなど。そして、七輪、3つ。なにが、始まるのかと思えば、七輪で焼いたベーコンで、ベーコンレタスバーガー、他にも、カツオのタタキ、生のバナナを焼いて、焼きバナナなども。もちろん、BBQが大丈夫なエリアです。
そして、ここが、一番大事ですが、ゴミを出さない!来た時よりも、美しく。自分の家の近所なので、必ず、ゴミは、全部、持ち帰ります。

気持ちいい仲間と、キレイなお花見と、美味しい食事。サイコーですよ。

くすのきさゆ (40代/女性)

桜を探していつもと違うことを楽しみましょう

わざわざ人でごった返す有名なお花見スポットに行かなくても、近隣の公園などで済ませる事も出来ます。日頃の運動不足解消も兼ねて近所の大きな公園の外周を歩きながら花見する事も可能です。
デジカメ片手に桜を眺めて歩け、歩け!自分が思うより長い距離を歩けます。
たまに立ち止まり桜を撮影したり、通りかかったコンビニで普段は食べないような商品を購入して、桜を見ながら食べるのも良し。
いつもは歩かないコースを、桜を撮影する目的で歩けば意外な発見があるかも知れません。
普段行く事もないスーパーを見つけたら入ってみましょう。見た事もない商品に出会えるかもしれません。
住宅街でひっそり営業しているカフェを見つけたら入ってみましょう。桜を探していつもと違うことを楽しみましょう。

Kちゃんねる(30代/女性)

1年の中で1番と言っていいくらい楽しみにしている桜の開花

 私のお花見の楽しみは、ありきたりですがやはり桜の花道の下を歩いて、出店で美味しいものを買って桜を見ながら食べること!

そんな至って普通のお花見を楽しんでいるときに、「あぁ、日本人で良かったなぁ…」なんて思ってしまいます(笑)あっという間に咲いてあっという間に散ってしまう。なんて儚いんだろう…と思いつつも1年の中で1番と言っていいくらい楽しみにしている桜の開花。今年も満開の季節がやってきて、街のあちこちにピンク色のお花が咲き乱れてとても優しい気分になります。

 最近は夜桜のライトアップをしているところも多く、昼間と夜とで色々なバリエーションの桜を楽しめることが多いですよね!短い桜の開花期間をみんな少しでも楽しもうとしているのでしょう。

 私は今年、桜を見にわざわざ京都まで行きます。いつも見てみたいなぁと思っていた京都の桜。テレビ番組やCMで見ていると、神社仏閣と綺麗な桜の画がとても素敵で、毎年行きたくてたまりませんでした。だから今年は私にとって、少し特別なこの季節なのです。私のように、桜を見に少し遠くへ旅へ出るなんてどうでしょう?

ぴいちゃん (〜20代/女性)
ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート
このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2016 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved